SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

コンテキスト広告のGumGum、Playground XYZを買収 効果測定と最適化を自社機能に

 コンテキスト広告ソリューションを提供するGumGumは、広告に対するユーザーアテンションの測定と最適化に特化した広告テクノロジー企業Playground XYZの買収を完了した。

 同買収は現金と株式の混合で行われ、Playground XYZの損益は直ちにGumGumの連結決算に反映される。

 また、Playground XYZの加入により、GumGumは、コンテキスト広告の効果測定と最適化を自社機能として広告主に提供することが可能となる。

 Playground XYZは、アイトラッキング(視線計測)データに基づき学習・検証を行ったAI技術を使い、アテンション・タイム(広告が実際に見られた時間)を測定して最適化する統合技術プラットフォーム「Attention Intelligence Platform(AIP)」を開発した企業。

 6年前にオーストラリアで設立され、現在、アジア・パシフィック地域(APAC)、ヨーロッパ・中東・アフリカ地域(EMEA)、および米国で事業を展開している。同社のAIPに対する需要は急速に拡大しており、前年比60%以上の収益成長率を記録した。

 今回の買収について、GumGumのグローバルCEOであるPhil Schraeder氏は「GumGumのコンテキスト広告技術とPlayground XYZのアテンション測定・最適化技術を組み合わせることで、従来のビューアビリティ測定といったアプローチよりも正確に広告効果を計測することが可能になり、広告主が正しくアトリビューション戦略を設計することができるようになります。」とコメントを出している。

【関連記事】
IAS、世界中の広告主と出版社に向けてコンテキスト機能を強化
コンテキスト広告のGumGum、ニュースメディア格付け機関NewsGuardと提携し広告の信頼を強化
朝日新聞社とIAS、コンテクスチュアルターゲティングサービスを共同開発 ユーザーのプライバシーに配慮
ユーザーと親和性の高い掲載先を選出 Criteoが「Criteoコンテクスチュアル広告」のβ版を公開
ネオマーケティング、コンテクスチュアルターゲティング広告とCookieを使用した広告の比較検証を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/12/17 16:30 https://markezine.jp/article/detail/37996

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング