SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Webプロデューサー・プランナーの平均年収は552万円、ネット関連業界は若年層も高水準の平均年収を実現

 転職サイト「イーキャリアプラス」は、インターネット関連業界に勤務するWebプロデューサー・プランナー職、Webディレクター職、Webデザイナー職、各100名に給与アンケートを実施した。

 Web制作関連職種の平均年収調査では、「Webプロデューサー・プランナー職」552万円、「Webディレクター職」468万円、「Webデザイナー職」358万円となり、プロジェクトを統括するWebプロデューサー・プランナー職は、年齢に比例した大幅な年収の増加が見られる。

Webプロデューサー・プランナー職の年代別平均年収
(n:100、単位:万円)

 一方、若手(20代後半~30代前半)の多いWebデザイナー職は全体と比較して平均年収は低く、Webディレクター職、Webデザイナー職ともに、年収の増加は緩やか。各職種の年齢構成に注目すると、Webプロデューサー・プランナー職のボリュームゾーンが30代であるのに対し、デザイナー職では20代後半~30代前半が7割弱を占めている。

 今回の調査では、営業職・マーケティング職・エンジニア職・Web制作関連職種についての給与調査を実施しているが、平均年齢が33.43歳と年齢構成も若いにも関わらず、全体の平均年収は484万円。特に営業職、マーケティング職、SE職、Webプロデューサー・プランナー職の4職種では平均年収が500万円を超えているという。国税庁の民間給与実態調査(平成19年9月発表)による民間平均年収435万円・平均年齢44.2歳という数値とt比較しても、インターネット関連業界では、若年層が比較的高水準の平均年収を実現していることがうかがえる。

【関連記事】
エイクエント、クリエイティブ・マーケティング・コミュニケーション分野の国際給与調査を実施
年収1千万円超ネットユーザーの割合、英国は4人に1人、オーストラリアは3人に1人

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/05/27 15:47 https://markezine.jp/article/detail/3817

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング