SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ヤフー、プライバシーポリシー改定の告知を開始

 2月10日、Yahoo! JAPANは今月28日に行う「プライバシーポリシー改定」の告知を開始した。同改定は、利用者のデータの取扱いに関する約束であるプライバシーポリシーの内容を、より明確化するためのもの。利用者が新たに対応するものではない。

 なお、プライバシーポリシーの改定に合わせて、Yahoo! JAPANにおけるユーザーに関する各種データの取り扱いについて補足的に説明する「プライバシーセンター」も更新を行う予定。

 改定の内容は次の通り。

1.個人関連情報の取扱いに関する説明の追加
パートナー企業から受領する個人関連情報に関して、情報の項目や取扱いについての説明を追加する。

2.安全管理措置の具体的な内容説明を追加
ユーザーのデータを適切に取り扱うための措置(安全管理措置)の具体的な内容説明を追加する。

3.口コミ等の公開情報の取扱いの明確化
電子掲示板などの不特定または多数のユーザーがアクセス可能なサービスに投稿された口コミ、レビュー等の情報の取扱いについて、これまで「Yahoo! JAPAN利用規約」の「第1章 総則」にて説明していたが、プライバシーポリシーでも重ねて説明することで明確化する。

4.従来の規定の明確化
パーソナルデータの提供同意に関する従来の規定を明確化するための説明を追加する。

5.問い合わせ窓口に関する説明追加
プライバシーポリシーに関する質問、相談、その他の問い合わせ窓口についての説明を追加する。

 なお、個人情報保護法によりユーザー等の同意が必要な場合には、個人情報保護法および関連するガイドラインに従った態様(ウェブサイト上のボタンのクリックを求める方法等)でプライバシーポリシーに同意された場合にのみ、データを取得・利用する。そのため、今回の周知をもって利用者の同意とみなすものではない。

【関連記事】
フリークアウト、プライバシー保護に配慮した個人識別方法「Unified ID 2.0」への対応を発表
朝日新聞社とIAS、コンテクスチュアルターゲティングサービスを共同開発 ユーザーのプライバシーに配慮
ユーザーローカル、GA対応の「Cookie同意管理バナーツール」を無償で配布
IM、サーバーサイドGTMと連携したITP環境下のユーザー同意情報を保持できる機能を開発
Cookie利用の同意バナー表示、国内大企業の4.75%に留まる【Priv Tech調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/02/10 17:00 https://markezine.jp/article/detail/38323

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング