SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

講談社が「OTAKAD」をリニューアル タイアップ広告の分析やクリエイティブの制作を支援可能に

 講談社は、自社メディアのデータを活用した広告配信プラットフォーム「OTAKAD(オタカド)」をデジタルマーケティングサービスとしてリニューアルした。

 同社は2019年10月よりOTAKADの提供を開始した。OTAKADでは同社が運営する各Webメディアにおける読者の記事閲覧データを基に、独自開発したAIによって趣味趣向を指数化。読者の「オタク度合い」を解析し、広告主の要望にマッチする広告配信を支援してきた。

リニューアルにともなう広告配信先の拡大

リニューアルにともなう広告配信先の拡大

 今回のリニューアルにともない、OTAKADでは広告配信先を拡大し、Googleの広告配信技術を採用したターゲティング機能を実装。またタイアップ広告・広告主サイトの分析サービスやクリエイティブ制作サービスも提供していく。

広告主のマーケティング目的に即したクリエイティブ制作サービス
広告主のマーケティング目的に即したクリエイティブ制作サービス

【関連記事】
講談社、広告配信プラットフォーム「OTAKAD」をアップデート ユーザーの類推機能などを追加
Cookieに依存しない独自の配信用IDを活用 KDDIら3社が広告配信プラットフォームを共同開発
集英社、MAQUIA ONLINEほか主要Web媒体でアドベリフィケーション対応を開始
視聴者数が多い女性誌のデジタルメディアは、Oggi.jpとananweb【ニールセン デジタル調査】
マクロミル、クリエイティブ制作ソリューションの提供を開始 消費者が製品などに感じる価値を明らかに

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/02/28 15:45 https://markezine.jp/article/detail/38460

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング