SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

西友と楽天、「楽天ポイント」を軸とするOMO戦略の新協業体制を4月より本格展開

 西友、楽天グループ(以下、楽天)、楽天ペイメント、楽天Edyおよび楽天カードは、西友が運営する「西友」「リヴィン」「サニー」全店舗において、楽天ポイントを軸にしたOMO戦略の新たな協業体制を2022年4月より本格展開する。

 具体的には4月1日より、クレジットカード機能付きオリジナルデザインカード「楽天カード 西友デザイン」を発行。これにより、同カードに付帯する電子マネー「楽天Edy」も「西友」などの全店舗で利用が可能になる。

 4月26日(予定)には現在の「楽天西友ネットスーパー」アプリに、店舗でも使える機能を追加し「楽天西友アプリ」としてリリース。同アプリでは「楽天西友ネットスーパー」と共通ポイントサービス「楽天ポイントカード」、スマホ決済サービス「楽天ペイ」の各機能を統合的に提供し、ネットスーパーでも店舗でも使えるアプリに進化させる。

 また、同日4月26日からは「楽天ポイントカード」が西友グループの全店舗で利用可能となる。

 これにより、西友はすでに導入している「楽天ペイ」に加え、今回導入される「楽天Edy」と「楽天ポイントカード」の活用も加えたデータ収集・分析の基盤を整えることとなり、オン/オフラインのデータを統合した、一貫性のあるコミュニケーション、プロモーションを利用者に提供できるようになる。

 西友と楽天グループは、2018年10月より「楽天西友ネットスーパー」の協働運営を本格的に開始。また、「西友」「リヴィン」「サニー」全店舗に「楽天ペイ」や、来店でポイントがもらえる「楽天チェック」、レシート画像を送付するとポイントがもらえる「Rakuten Pasha」のサービスを導入し、オン/オフラインの垣根を越えるサービス提供において連携を深めてきた。

 今回の体制を本格展開することで、西友が日本で最大規模の「楽天ポイント」が使える・貯まるスーパーマーケットとなることを目指す。

【関連記事】
西友、日本を代表するOMOリテーラー目指し「私たちの使命と価値観」を発表
博報堂DYMPと博報堂DYアウトドア、 西友店頭レジ横サイネージ媒体を開発・販売開始
読売広告社と西友、店頭でAIカメラを使った視聴調査を実施 サイネージ広告の価値測定を精緻化
決済アプリの利用者数は増加傾向/60代以上のサイト訪問者数トップは「楽天市場」【ヴァリューズ調査】
楽天、東急、楽天東急プランニングの3社、OMO型ポップアップストアを渋谷に期間限定でオープン

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/03/10 17:30 https://markezine.jp/article/detail/38562

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング