SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

携帯の長~いスクロール画面をFlashが変える!第1回「ケータイFlashサイトデザインコンテスト」受賞者発表

携帯Flashサイトは、「リッチさ」から「使いやすさ」へ

 Flashというと、「動きがあって派手なリッチコンテンツに使われている技術」というイメージを持つ人が多い。しかし、携帯においては小さい画面を使いやすいものに変える手立てとなりうる技術でもある。Flashならではの面白さと使いやすさをテーマに開催された第1回「ケータイFlashサイトデザインコンテスト」の授賞式が5月29日に行われ、受賞したクリエイターたちが表彰された。

受賞したクリエイターと関係者が勢ぞろい

 コンテストを主催したKLab代表取締役社長の真田哲弥氏は、「携帯の長い縦スクロール画面をFlashが変える可能性を持っている。そんなFlashを使った新しいユーザーインターフェイスを見てみたい」とコンテストへの想いを語った。

「参加者の名前を見ないで審査しました」と語るKLabの真田氏

 また、コンテストの特別協賛として参加したアドビシステムズの西山正一氏は「これまでは、パソコンとモバイルの両方でサイトにアクセスする人が多かったが、これからはモバイルでしかアクセスしないケースも増えてくる。見た目の楽しさと使いやすさを両立するためにFlashを活用するノウハウは重要」と言う。

「Flash Playerは携帯以外の機器にも広がっていく」
と語るアドビシステムズの西山氏

 コンテストのお題は、協賛企業から提供されたHTMLベースの元サイトをFlashサイトに生まれ変わらせるというもので、ジャンルや扱うデータ量が異なる9つのサイトが集まった。サイトの特徴を尊重しながら、人をあっといわせるようなFlashサイトをつくる―この難題を無事にクリアした作品が選ばれ、授賞式で各賞が授与された。

横スクロールあり、Flash lite3への挑戦あり―力作ぞろいの受賞作品

 受賞作品には、横スクロールを採用したり、膨大なデータを見やすく表示する工夫をこらした作品のほか、まだ事例の少ないFlash lite 3での作品づくりに取り組んだものなどさまざま。各賞の受賞者は、「楽天ブログ賞」閑歳孝子、「楽天フラモバ賞」山本武史、「ナノ・メディア賞」と「Web Designing賞」脇田鉄平、「カプコン賞」今津研太郎、「サミーネットワークス賞」「アドビ優秀賞」坂本史朗、「JRAシステムサービス賞」と「web reators賞」有田真依、「fonfun賞」CREPOS、「Yicha賞」石山佑樹、「ネクスト賞」西海圭祐、「KLab賞」朱槿(ISOTH)、「Flash lite3賞」松尾憲の各氏となった(以上、敬称略)。

女性クリエイターも活躍! 左から有田氏、CREPOS氏、閑歳氏

 最高賞である「最優秀賞」に選ばれたのは株式会社ビジュアライズ。テーマとして選んだ「ウチらのベンキョー委員会」は中学生向けの勉強サイト。いかに使いやすくできるかと同時に、いかに飽きずにもっとやってみたいと思わせるかも審査対象となった。

「最優秀賞」を受賞したビジュアライズの2人(右)と主催者の真田氏

 第1回「ケータイFlashサイトデザインコンテスト」の受賞作品はパソコン(http://contest.klab.org/flash/)と携帯(http://mb.klab.org/)の両方で見ることができる。すでに第2回の開催も決定しており、11月から作品応募開始、2009年1月に応募を締め切り、3月に結果を発表する予定となっている。

【関連記事】
アドビ、モバイル機器向けFlash LiteとAdobe Reader LEのライセンスをマイクロソフトに供与
企業Web担当者様、携帯ユーザーの不満「表示が遅い・文字が多い」をどう解決する?
このキレイさ、ヤバすぎ? H.264ビデオ対応「Flash Player 9」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/05/30 17:36 https://markezine.jp/article/detail/3859

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング