SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ふだんラジオを聴く人は約5割/10~20代はスマホで、30代以上は車で聴取【LINEリサーチ調査】

 LINEリサーチは日本全国の男女を対象に、ラジオ聴取に関する調査を行った。

ふだんラジオを聞く人は全体の約5割

 ラジオ局の放送、個人の配信など全てを含め、ふだんラジオを聞いているかどうか訊ねたところ、全体では約5割が「ふだん、ラジオは聞かない」と回答。聞いている人は約5割で、年代が上がるにつれラジオを聞く人の割合は高かった。

若年層はスマホで、30代以上は車で聴取

 ラジオを聞く方法は「カーラジオ/カーステレオで」が全体トップに。次いでradikoやSpoonなどの「スマホで(アプリ含む)」がランクインした。

 年代別に見ると、10~20代では「スマホで(アプリ含む)」が1位であった一方、30代以上では「カーラジオ/カーステレオで」が1位に。「カーラジオ/カーステレオで」と回答した人の割合は年代が上がるほど高くなり、50~60代では4割超だった。

聴取理由は年代によってばらつく

 ふだんラジオを聞いている人に、ラジオを聞く理由について聞いたところ「別のことをしながら聞けるから」が4割弱で全体トップに。2位には「ニュースや交通情報などの情報収集ができるから」が3割弱でランクインし、3位以降はいずれも2割台の僅差で「好きな番組があるから」「習慣になっているから」「DJ・パーソナリティのトークが面白い/声が好きだから」「映像がなく『声だけ』で聞ける/楽しめるから」が続いた。

 年代別に見ると、10~20代では「有名人・芸能人の、ラジオならではの一面がみられるから」が1位に。「好きなDJ・パーソナリティがいるから」「好きな番組があるから」も上位にランクインした。

 一方50~60代では3割超が「ニュースや交通情報などの情報収集ができるから」と回答。また60代では「懐かしい音楽を聞けるから」もランクインするなど、年代によって回答に差が見られた。

【調査概要】
方法:LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査
対象:日本全国の15歳~64歳の男女
時期:2022年2月17日(木)~2022年2月21日(月)
有効回収数:5,254サンプル
※性別年代構成比を市場にあわせてウェイトバック
※表/グラフ中の数字は小数第一位または第二位を四捨五入しているため、合計しても100%にならない場合や、同じパーセンテージでも見え方が異なる場合がある

【関連記事】
Twitterユーザー、6割以上が投稿された情報をきっかけに購買・来店【アライドアーキテクツ調査】
約7割が美容医療・整形の意向あり/肌悩みの最多回答は「シミ・そばかす・にきび跡」【@cosme調査】
買い手が好む営業方法、「訪問・リモートどちらでもよい」が2021年の1.5倍に【HubSpot調査】
若年層の流行、鬼滅の刃が1位!男性は「ポケモン」女性は「なにわ男子」が急上昇【LINEリサーチ調査】
SDGsの認知度は全体の8割超/学生の理解度が社会人を上回る【CCCマーケティング総研調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/03/16 18:00 https://markezine.jp/article/detail/38602

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング