SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

動画マーケティングを身近に!凸版印刷「morving(モブリン)」が広げる“カジュアルな動画”活用

 マーケティングにおいて動画活用は当たり前になりつつある。しかし、動画制作には専門的な技術も必要になるため、なかなか手を出せない企業も多いだろう。そんな中、企業のカジュアルな動画活用をサポートするサービス「movring(モブリン)」が提供されているのをご存じだろうか。企業が既に持つ画像素材をもとに動画の制作・配信・効果検証までワンストップで支援する。提供しているのは、凸版印刷だ。なぜ凸版印刷が動画マーケティングを支援するのか、「movring」で解決できる課題とは何か。同社の穂積氏に伺った。

印刷会社の「情報加工」ノウハウを活かした新サービス

MarkeZine編集部(以下、MZ):様々な事業を展開されている凸版印刷において、穂積様はどのような業務やミッションを担っていらっしゃるのか、まずは伺えますか。

穂積:私は凸版印刷のDXデザイン事業部の新事業推進室で、2020年12月にリリースした動画マーケティングサービス「movring(モブリン)」のプロモーションを担当しています。

凸版印刷株式会社 DXデザイン事業部 ビジネスアーキテクトセンター 新事業推進室 穗積 凜太朗氏
凸版印刷株式会社 DXデザイン事業部 ビジネスアーキテクトセンター 新事業推進室 穗積 凜太朗氏

MZ:なぜ、動画活用のサービスを始められたのでしょうか。凸版印刷というと印刷はもちろん、マーケティング領域でもソリューションを提供している印象はあるのですが、動画に関するサービスは少し意外に感じます。

穂積:凸版印刷は印刷から出発し、そこから多様な技術を発展させてきました。その中で、企画やプロモーションといった幅広い事業に取り組んできた経緯があります。そうした経験で培ってきた一番の強みは「情報加工」のノウハウだと考えています。

 凸版印刷の情報加工のノウハウをデジタルでも発揮できないだろうかと考え、動画マーケティングサービス「movring」を立ち上げました。

痒いところに手が届く、カジュアルな動画とは?

movringが実現する動画コンテンツの量産・活用
movringが実現する動画コンテンツの量産・活用

MZ:動画と一口に言っても様々な種類があります。御社が活用を提唱しているカジュアルな動画とはどのようなものでしょうか?

穂積:movringで制作できる動画は、これまで印刷物で伝えていた情報を既存の素材を組み合わせて動画にして伝達する、“リッチ過ぎない”動画コンテンツです。

movringが作るリッチ過ぎない動画コンテンツ

 いわゆるCMなどの動画制作は、アイデア出しからコンテ、ロケハン、撮影、編集……とたくさんの工程を重ね、ハイクオリティを目指すのが当然です。しかし最近では、一般のユーザーでもSNSに動画を投稿するのが当たり前になっているように、手軽に発信でき、受け取れる動画コンテンツが一般的になってきています。

 企業においても、従来のようなリッチな動画ではなくもっと身近で頻繁に発信できるカジュアルな動画へのニーズが非常に高まっています。しかし、カジュアルな動画とはいえ、企業が動画を作ろうとするとハードルが高いことも確かです。動画クリエイターを社内で抱えている企業は少ないです。最近は動画編集のクラウドツールもありますが、自社で作るには時間やノウハウが不足していて「本当に作れるの?」と導入を見送り、結局「動画はやれないよね」と諦めてしまうケースもあります。

 そこで、動画の制作から配信、効果検証までワンストップで提供する「movring」におまかせいただきたいと考えています。当社は約30年以上前から映像制作も行っており、ノウハウが蓄積されています。また、先ほど申し上げたように、印刷会社として既存の素材……たとえば、カタログやチラシ、ポスター等の印刷物をはじめ、Webサイトや広告バナーなど、お客様のニーズに沿ったプロダクトを制作する技術にも長けています。movringでは、こうした印刷と映像制作で培ったノウハウを掛け合わせることで、カジュアル動画でありながら高い品質を実現しています。

次のページ
紙より効果的に、動画より気軽に──活用事例

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

尾高 志保(オダカ シホ)

IT系編集者、ライター。趣味・実用書の編集を経てWebメディアへ。その後キャリアインタビューなどのライティング業務を開始。執筆可能ジャンルは、開発手法・組織、プロダクト作り、教育ICT、その他ビジネス。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/03/31 10:30 https://markezine.jp/article/detail/38615

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング