SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Z世代の約半数が「野菜をよく食べる」と回答/酒類の消費傾向にY世代との差/日本インフォメーション調査

 日本インフォメーションはZ世代のインサイトを探る調査を実施。飲食に関する結果を発表した。なお、本結果に限り女性のみを分析対象とした上、Z世代を16~25歳の高校生から社会人、Y世代を26~49歳と定めた。

Y世代よりも「野菜をよく食べる」人が多いZ世代

 まず、美容健康意識について聴取。Z世代は、Y世代と比べ「好き嫌いが激しい」という回答が多数に。一方で「野菜をよく食べる」と回答した人の割合はY世代よりも多く、特に高校生女性・大学生女性では半数以上を占めた。

 「糖分/塩分/油分/の摂りすぎだと思う」と回答したZ世代はY世代よりも少ない傾向に。また「高カロリー/ギルティフードを食べたくなることがある」と回答した人が最も多かったのは大学生女性だった。

半年間で飲食したもの、トップ2は「サラダチキン」「スムージー」

 半年以内に飲食したものを聞くと、Z世代では「サラダチキン」「スムージー」を挙げる声が多数を占める結果に。また、2021年にブレイクした「マリトッツオ」に関しては、Z世代/Y世代ともに3割前後を占め、大きな年代差は見られなかった。「韓国チキン」「ダルゴナコーヒー」「トゥンカロン」「地球グミ(※)」などのトレンドフードでは、高校生女性の回答割合が最多に。

※独・Trolli社製のグミ。「Planet Gummi(プラネットグミ)」が元々の名称で、2021年に人気を集めた

半年以内に購入した飲料1位は「ミネラルウォーター」

 半年以内に購入した飲料を調査したところ、Z世代のトップ回答は「ミネラルウォーター」に。2位は果汁飲料、3位は炭酸飲料だった。

 また、ビールは、Y世代(40~49歳女性)のうち19%が購入していた一方、Z世代(大学生女性)では1.3%の人しか買っていないなど、著しく差が生まれた。

【調査概要】
地域:日本全国
対象:16~49歳男女
方法:インターネット調査
実施日:2022年3月31日~4月4日
サンプルサイズ:男女3,000サンプルのうち、本記事では女性1,500サンプルに絞った分析結果を紹介

【関連記事】
“ポイ活”をしている人の約4割が「キャンペーンをきっかけに商品を購入した」/DIGITALIO調査
SDGsを意識した消費経験は約3割、価格負担は3割増までが限度【NTTコム オンライン調査】
約5人に1人が「推し活」中/活動内容は公式SNSのチェックや映像鑑賞など【パナソニック調査】
約8割が値上げを「実感」/値上げを最も実感する品目は「生鮮食品」 【日本インフォメーション調査】
大人に人気のキャラクター、総合1位は「スヌーピー」/20代女性から高い支持【マクロミル調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/06/02 11:45 https://markezine.jp/article/detail/39099

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング