SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

約8割が値上げを「実感」/値上げを最も実感する品目は「生鮮食品」 【日本インフォメーション調査】

 マーケティングリサーチ事業などを行う日本インフォメーションは、生活者の値上げに対する意識・行動の変化を調査した。

値上げ「実感する」「やや実感する」は合計で79.3%

 2022年に入り、日常生活で物・サービスの値上げを実感しているかを聴取。全体で「実感する」「やや実感する」が79.3%を占めた。

値上げを実感する品目トップは「生鮮食品」

 値上げを実感する品目を聞いたところ「生鮮食品(57.9%)」「ティッシュ類(40.1%)」「インスタント麺(38.7%)」がトップ3だった。

クリックして拡大

購入頻度を減らす意向がある品目は「インスタント麺」

 値上げにともない購入頻度を減らす意向のある品目を聞いたところ「インスタント麺」が全体トップに。性年代別に見ると、女性40代では「菓子・スイーツ・デザート類(42.5%)」をはじめ食品関連の品目が多く挙がった。

クリックして拡大

値上げにともない価格帯を下げる品目トップは「生鮮食品」

 値上げにともなって価格帯を下げる品目について聞いたところ、男女ともにトップは「生鮮食品」。性年代別に見ると、女性10代では「メーキャップアイテム(37.7%)」「調理品(37.7%)」などが高い割合を占めた。

クリックして拡大

【調査概要】
地域:日本全国
対象:16~59歳男女
サンプルサイズ:有効回収計984サンプル
方法:インターネット調査
時期:2022年4月13日(水)~15日(金)

【関連記事】
広告型インターネット動画の視聴時間割合、34歳以下と35~49歳で同率【ニールセン デジタル調査】
日本の政治に興味がある高校生は6割超/興味を持ったきっかけトップは「テレビ」【LINEリサーチ調査】
改正個人情報保護法、60%以上が自社のマーケティング活動への影響を懸念【LiveRamp調査】
マーケティングDXに取り組む企業は約9割、成果が出ている企業は6割へと伸長【電通調査】
「暇潰しになる」と回答した人の割合は鉄道広告が最多/テレビCMは約3割/メトロアドエージェンシー調査

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/05/10 18:15 https://markezine.jp/article/detail/38933

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング