SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

マイクロソフトは“アンサー”を返す「知識検索」を目指す、「MSN相談党」党首に押切もえを任命

マイクロソフトの目指す「知識検索」

  マイクロソフトは次世代検索サービスへの第一歩として、2006年から提供している「MSN相談箱」(http://questionbox.jp.msn.com)と、国内最大級のQ&Aサイト「オウケイウェイヴ」との連携を強化し、より利便性の高い「知識検索」が可能なQ&Aサイトとしてリニューアルした。

 マイクロソフト オンラインサービス事業部の笹本 裕 事業部長は、「検索はまだ幼年期にある」として、MSNが考える「次世代検索」の方向性について語った。現在、主流となっているキーワードによるウェブ検索では、関連性の高いウェブページへのリンクを検索結果として得られるものの、ユーザーはさらに自分のほしい情報を探さなければならない。マイクロソフトは、ユーザーが求める情報をそのまま提示できる「知識検索」としての検索サービスを目指すという。

(左から)笹本氏、オウケイウェイヴの謙元氏、浅川氏

 マイクロソフトのプロダクトマネージメントグループの浅川 秀司 シニアディレクターは、日本におけるQ&Aサービスの状況に触れ、Q&Aサービスはまだまだ「悩み相談の場」として利用されることが多いと説明した。しかし、このCGMパワーを情報を探すための「知識検索」に活用することによって、ビル・ゲイツ会長が言うところの「URLではなく“アンサー”を返す」次世代検索サービスを実現することが可能になるとしている。

Q&Aのデータベースを「知識検索」へ活かすマイクロソフトの次世代検索構想

 今回の「MSN相談箱」のリニューアルでは、検索キーワードランキングの設置、おすすめのQ&Aやトピックスの紹介など、さまざまなコンテンツ強化を行うほか、Live Searchから相談箱を検索したり、相談箱からLive Searchを検索するなど検索連動を強化。また、Windows Liveメッセンジャーで新エージェントの「相談ちゃん」を登録して、メッセンジャーから相談箱のQ&Aを検索することもできる。

 これらのサービスは広告モデルで運営し、利用者に無償で提供する。今後は、知識検索として検索連動型広告を展開し、トップページやコンテンツページにディスプレイ広告を配信するほか、セグメント化やターゲティングを行った広告を展開する予定だという。

「MSN相談党」結成、人気モデルを起用したキャンペーンを展開

 今回、「MSN相談箱」のリニューアルキャンペーンとして、人気モデルの押切もえを党首とする「MSN相談党」を結成。「あなたの知識で日本を変えよう」をスローガンに、党首から投げかけたテーマをもとに、一般ユーザーから意見募集や世論調査を行い、「相談党の提言」として発信していく。「相談党公認 最も役立つ知識」に選ばれた回答者には、党員グッズがプレゼントされる。このキャンペーンは、6月4日から8月31日まで行われる。

「MSN相談党」のキャンペーンページ

 今回の人気モデルを起用したキャンペーンについては、男性やビジネスユーザーが多いMSNサービスを、女性にも利用してほしいというねらいがあるようだ。先日、巨人軍の野間口投手との熱愛報道があった押切もえに司会者が質問すると、おしのびで出かけた海外旅行で偶然にも原巨人軍監督と遭遇したエピソードを披露。会場に詰め掛けた報道陣から、さかんにフラッシュを浴びていた。

(左から)モデルの近藤しづか、押切もえ、安座間 美優の3人がMSN相談党を盛り上げる

 マイクロソフトと話題の人気モデルという組み合わせに、「ターゲットは女性なのか」という質問も出たが、検索エンジンを縦横無尽に使いこなす人たちだけでなく、「あんなふうにキレイになりたい」と共感を持つ女性や、熱愛報道に関心を示すさまざまな年代の人たちまで幅広く利用してほしいというマイクロソフトのねらいがうかがえる。そうした層に新サービスをどのように伝えていくのか。その答えのひとつが、今回の「MSN相談党」結成といえそうだ。

【関連記事】
Q&Aサイトは「日本人好みのサービス」、国内No.1の「Yahoo!知恵袋」は1年でPVが約2倍【ネットレイティングス調査】
米Microsoft、オウケイウェイヴと業務・資本提携を発表
米国Q&Aサイト人気No.1は「Yahoo! Answers」、トップサイトに見るQ&Aサービスの歴史

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング