SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

メタバースビッグバン、次々に生まれる世界をどう活用すべきか?

VRはやってみないとわからない、HIKKY舟越氏に聞く企業のメタバース活用

 メタバースをマーケティングに活用するという目的のもと、客観的・体系的に分析する本連載。第4回は筆者のNRIネットコム山田氏が、VR法人HIKKYの代表取締役 舟越靖氏にインタビュー。100万人が来場するバーチャルマーケットを運営するHIKKY社のビジョンや、出展企業の意図、VRを活用するためのポイントを伺いました。

皆で楽しむバーチャル空間を創造したHIKKY

山田:御社はVR法人と銘打って、2018年からバーチャル空間上でのマーケットイベント「バーチャルマーケット(通称:Vket/ブイケット)」を開催されています。日本において、メタバース関連の事業にいち早く取り組まれていますね。

2022年8月に開催された「バーチャルマーケット2022 Summer」では企業・IP約60社、一般サークル540サークルが出展、100万人以上が来場した。
2022年8月に開催された「バーチャルマーケット2022 Summer」では企業・IP約60社、一般サークル540サークルが出展、100万人以上が来場した。

舟越:HIKKYは元々、バーチャル空間にものを作ったり、アバターとなって自己表現したりするクリエイター・VRユーザーたちの集まりでした。

 集まった皆でバーチャルの環境を便利にしようと、いろいろなものを作って持ち寄るようになり、そのうち作ったものを「誰かに見てほしい」、「良いと言ってくれた人にあげたい、売りたい」などの要望が出てきて、それを実現できる場をデジタル空間上に作ろうとバーチャルマーケットを発案したのが、当社のCVO(Chief Virtual Officer)「動く城のフィオ」です。

 実はこのようなユーザーが作って、ユーザーが消費するバーチャルなUGC空間は、ありそうでありませんでした。そこが、他との圧倒的な違いです。

山田:ユーザーのための場所作りから始まったのですね。

舟越:そもそも、HIKKYの社名の由来は一般的に言う“引きこもり”です。精神または身体にハンディキャップがある等で、なかなか外に出られない人たちや、時間の都合で働けない人たちも、場所や距離の制約を解決できるVRでなら働く機会やものづくりの機会が持てます。

 僕は「創りたい」思いに制限がかかったり、「うまくできないと恥ずかしい」と思ったりすること自体が、価値の損失だと思っています。ですので、それが思う存分発揮できる場所作りをしました。今ではバーチャルマーケットが、クリエイターの価値を存分に提供できる経済圏としての拠り所となっています。

 創作欲を刺激するようなコンセプトとクリエイティブな場所を作ったら参加する人が増え、人は人を呼び、参加者たちは触発されて自分も作るというサイクルができあがりました。このサイクルがどんどん膨れ上がり、成功事例や私たちの上手くいかなかったケースも含めてノウハウが蓄積されています。

 現在、バーチャルマーケットには100万人規模の来場者が見込めるので、企業も安心して参入できます。これは世界中を探しても同様の成功ケースがありません。

バーチャルマーケットは実験の場

山田:御社のビジネスモデル、マネタイズ方法はどのようになっているのでしょうか。

舟越:バーチャルマーケットの起源はUGCです。「自分事」として参加者が宣伝をするので集客性が高い。これ自体も強みです。かつ当社はそれを独占するのではなく、他のクリエイターやコミュニティの宣伝活動、あらゆる企業に還元することで、多くの人のメリットとなりそれが元となり、経済が回る、その一部が弊社のマネタイズにもつながっています。これらをビジネスモデルの原点としています。

山田:他社のユーザー数が少ないメタバースでは、協賛企業が投資回収するのは難しいと聞きます。御社のサービスではいかがでしょうか。

舟越:今、日本で展開されているビジネスモデル、たとえばバーチャル展示会などはかなり難しいと思います。なぜなら、企業だけを集めて、お金を使って宣伝するからです。このあたりの構造が当社とは異なります。当社のサービス、経済圏には既に集客サイクルができているので、出展する場所としての価値があります。

 出展企業様は、プロモーションの観点で十分な露出があり、成果を得られます。また、もしKPIが達成できなかった場合でも、まずは参加することでメタバースに関する知見がたまり、他社からみても優位を取れますし、次に活かせるというのは継続的な事業においてメリットでしかないかと思います。

 また、単なるバーチャルイベントへの出展だけが企業サイドの目的ではないケースも多いです。新たな事業モデルを検討する際にバーチャルマーケットに出展し、ユーザーが非常に喜んだもの、利益が出たものからヒントを得て、それらをベースにサービス化する流れができています。

 HIKKYはバーチャルでの無数の事例、アウトプットのノウハウがあるので、それを用いて出展までのお手伝いをしています。このように、バーチャルマーケットでテストマーケティングを行い、事業化するという取り組みを総合的なビジネスとして重要視しています。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
VRでなら、若者も気軽に試乗してくれる

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
メタバースビッグバン、次々に生まれる世界をどう活用すべきか?連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

山田 輝明(ヤマダ テルアキ)

NRIネットコム株式会社DSX推進部副部長2009年にNRIネットコムに入社。デジタルマーケティング事業を立ち上げ、特にGoogleアナリティクス、デジタル広告に関するビジネス拡大に注力。2018年にNRIネットコムから一旦退出し、株式会社MeeCapを設立、スタートアップのCEOとして2年半業務を...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

那波 りよ(ナナミ リヨ)

フリーライター。塾講師・実務翻訳家・広告代理店勤務を経てフリーランスに。 取材・インタビュー記事を中心に関西で活動中。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/10/07 08:00 https://markezine.jp/article/detail/40091

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング