SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

データで紐解く、現代子育て世帯のインサイトとその変化

データでわかる!子育て世帯にアプローチする際、押さえておくべき3つの特徴とは

 子育てのノウハウやニュースをまとめた子育てナレッジシェアメディア「cozre(コズレ)マガジン」において、子育て世代にアプローチするマーケティング支援や子育て市場調査を行っている「コズレ子育てマーケティング研究所」。本連載では所長の飯野氏が、95万人の会員データ基盤を活かした調査データに基づく現代子育て世帯のインサイトを紹介します。第1回は「子育て用品・サービス市場」を取り上げ、データからわかる子育て世帯の3つの特徴を解説していきます。

少子化にも関わらず、ベビー用品・関連サービスの市場規模は微増

 少子化が叫ばれ久しい現在の日本では、2022年の出生数は80万人を割る予測です。このような情報だけを見聞きすると、子どもに関する商品やサービスを販売している企業は経営が苦しいだろうなと感じる人も多いのではないでしょうか。

 ところが、矢野経済研究所が発表した「ベビー用品・関連サービス市場に関する調査」によると、年々市場の規模自体は微増していることがわかります(図表1)。技術の進展による新サービス参入の影響もありますが、市場自体が拡大していることは少子化に反し特筆すべき事象です。

図表1 ベビー用品・関連サービスの市場規模推移出典:矢野経済研究所「ベビー用品・関連サービス市場に関する調査」
図表1 ベビー用品・関連サービスの市場規模推移
出典:矢野経済研究所「ベビー用品・関連サービス市場に関する調査」

「紙おむつ」購入時の情報源は、テレビCMよりも口コミが有力

 子育てに関する商品やサービス、特にベビー用品・サービスはアプローチ対象が明確で、乳幼児を育てるママ・パパが中心となります。だからこそ、経営者やマーケティング担当者に声を大にして言いたいのが、「本当に投資対効果を考えていますか」ということです。

 たとえば、図表2は「紙おむつ」を購入する際にママが参考にする傾向のある情報源を示しています。紙おむつと言えば、テレビCMでよく見かけるイメージを持つ方もいるでしょう。

 しかし、実際はテレビCMなどの広告より上位に「インターネット」「店頭」「口コミ」が挙がっています。テレビCMを否定するわけではありませんが、「他商品に比べ口コミが上位に挙がることが紙おむつの特徴」という事実に目を背けないことは大切です。

 もちろん、テレビCMには効果測定値では見えない影響もあると思います。しかし、技術の進展とともに非効率なマーケティング費用を費やす必要がなくなってきた現在、投資対効果を強く意識した施策立案が重要です。

図表2 紙おむつを購入する際に参考にする情報源
出典:コズレ 子育てマーケティング研究所(2022年7月調査、
分析対象:「現在紙おむつを使用する」865名の子のママ・クリックして拡大)

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
特徴1:日・月・年齢別のセグメンテーションが重要

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
データで紐解く、現代子育て世帯のインサイトとその変化連載記事一覧
この記事の著者

飯野 純彦(イイノ アツヒコ)

1980年群馬県生まれ。慶應義塾大学大学院修士、博士課程を経て、滋賀大学経済学部特任講師、秋田大学教育文化学部専任講師。2017年より友人らが起業した株式会社コズレに参画。現在、コズレ子育てマーケティング研究所所長としてベビー用品・関連サービス企業のみならず、子育て世代にアプローチしたい多くの企業の...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/11/02 08:00 https://markezine.jp/article/detail/40322

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング