SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(AD)

日本コカ・コーラとインフキュリオンが推進するオリジナルPay「Coke ON Wallet」とは

 日本コカ・コーラは、公式アプリ「Coke ON(コークオン)」の新機能として、自販機で使える電子マネー「Coke ON Wallet(コークオン ウォレット)」をリリース。そして、システム開発から運用にかけて、パートナーとして参画しているのがインフキュリオンだ。本稿では、両社担当者に自社で決済システムを開発することで広がるUXの可能性などについて語ってもらった。

DL数4,000万回を突破したアプリ「Coke ON」

MarkeZine編集部(以下、MZ):はじめに、お二人のご経歴と現在の業務領域についてお教えください。

永井(日本コカ・コーラ):2014年に日本コカ・コーラに入社し、ロイヤリティプログラムやペイメント周りのプロダクト開発を担当しています。2016年には、自動販売機と連動したスマートフォンアプリ「Coke ON」を立ち上げました。なお、Coke ON は2022年9月時点でダウンロード数4,000万回を記録しています。

日本コカ・コーラ ベンディング事業部 シニアマネジャー 永井宏明氏

永井:Coke ONでは、スタンプ機能などアプリ独自の様々なサービスを展開していますが、そんなCoke ONに今回導入したのがオリジナルPay「Coke ON Wallet」です。お客様はCoke ON Walletの残高を消費して、ほかのキャッシュレス決済サービスと同じように当社商品をお買い上げいただけます。また、登録された銀行口座からチャージすることも可能です。

末澤(インフキュリオン):私は、2006年創業のフィンテック企業・インフキュリオンで執行役員 CPO(Chief Product Officer)を務めています。今回、日本コカ・コーラ様にCoke ON Wallet開発の際にご利用いただいたスマホ決済プラットフォーム「Wallet Station」の責任者でもあります。

インフキュリオン 執行役員 CPO 末澤慶海氏

キャッシュレス派は61% 政府「将来は80%を目指す」

MZ:昨今、企業や店舗が独自で電子マネーを開発する「オリジナルPay」に注目が集まっていると伺いました。そこで、まずは現在のキャッシュレス市場の潮流について教えてください。

末澤:2018年に政府が「キャッシュレスビジョン」として、2025年までにキャッシュレス比率を40%、将来的には80%を目指すと発表しました。直近の2021年の調査では、キャッシュレス比率が32.5%ということで、順調なペースで伸びてきていると感じています。

国内のキャッシュレス決済の利用率は2021年に30%超に

末澤:当社で独自に実施した2万人へのインターネット調査(2022年4月実施)の結果によると、現金派とキャッシュレス派の分類でも現金派が39%、キャッシュレス派が61%と既にキャッシュレス派の方が上回っています。

 しかし、キャッシュレスが普及するにつれて、企業の課題となってくるのが手数料の問題です。他社のキャッシュレス決済サービスを利用している場合、手数料は必ず発生します。さらに、売上規模が大きければ大きいほど、手数料負担もより深刻に。その解決策として、今、小売事業者を中心に注目されているのが、Coke ON Walletのような企業オリジナルの決済サービスなのです。

次のページ
Coke ON Walletで“ファイナンシャルサービスを提供したい”

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

釘﨑 彩子(クギサキ アヤコ)

 2019年からマーケティング・広告の専門出版社で編集者として勤務。広報・PR分野を中心に編集業務にあたる。2022年よりフリーランスのライターに。媒体問わず、マーケティング、広報、経営者インタビューなど、ビジネス領域を中心に幅広く執筆。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/03/23 11:00 https://markezine.jp/article/detail/41516

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング