SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

情報に敏感な人ほど、衝動買いの成功率が高い【ガールズウォーカー調査】

 「girlswalker.com」を運営するゼイヴェルは、同サイト内のサンプル・リサーチサイト「Girls Trendy」でユーザーの属性調査を行った。2回目となる今回の調査では、ショッピング好きでF1層のファッションリーダーである読者モデルにグループインタビューを行い、さらにGirls Trendyモニターに「衝動買い」による定量調査を実施。3,165名から得た有効回答をもとにインフルエンサーの分類を行っている。

 インフルエンサーをクラスター分類すると、以下の4つグループに分類することができる。

 グループA:「独自に好きなものおいかけます」 →トンガール
 グループB:「流行は私がつくってる」 →モテたガール
 グループC:「流行をいち早くキャッチ&リリース」 →話したガール
 グループD:「流行っているから手を出してみる」 →聞きたガール

 これらを、情報や流行に対する敏感度などもとにセグメント化したのが下図となる。

 このセグメンテーションをもとに「衝動買いの勝率」について調査を行ったところ、D→Aの順で「トンガール」になるほど可処分所得が多くなり、ファッションやコスメにかける金額も高くなっていることがわかった。逆にA→Dになるほど可処分所得に占める飲食費の割合が高くなっているという。また、思わず衝動買いをしてしまうジャンルはどのグループもファッションが高くなっているが、最も高いのは「トンガール」。コスメ、美容についても「トンガール」がトップとなっている。

 同調査では、グループA「トンガール」に向かうほど、衝動買いでの勝率も高くなっていることから、これらの女性は常に情報収集に余念がなく、自分の必要な情報を選択する感覚が磨かれているのではないかと分析している。

【関連記事】
ZOZORESORTがファッション雑誌12誌と連携、掲載アイテムの検索を可能に
ファッション大好き人間に人気の「ZOZOTOWNモバイル」全面リニューアル
月間1億5000万PVの「プーペガール」が3月に新会社設立、モバイル版提供へ
“女性目線”でつくった「エロカワセクシー」な「峰不二子」フィギュア登場

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング