SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

多くの食品が2020年度比で1~2割高止まり/朝食に米の回数が急増【インテージ調査】

 インテージは、全国約6,000店舗から収集している小売店販売データ、SRI+(全国小売店パネル調査)をもとに、食品・日用雑貨など主な消費財を対象として店頭販売価格の値上げについて調査を行った。

食品の大幅な値上がりは一段落もキャノーラ油は2020年比で188%と高騰                 

 まず、2023年に入ってからの食品の店頭価格の変化を調査。

 食品は一時期ほどの大きな上がり幅はなくなった。しかし、変わらず多くの商品で本格的な値上げが始まる前の1割、2割高という高止まり状態が続いている。

画像を説明するテキストなくても可
データ:SRI+ 集計期間:2022年3月-2023年3月、指標:平均価格・2020年比較
※2020年比110%以上を赤字で表示

 中でも、キャノーラ油は2020年平均と比べて188%、サラダ油は3月に入って148%となった。その他にもマヨネーズが135%、マーガリンが119%、などと高止まりする中、大手メーカーの価格改定の影響などを受け、ケチャップが119%、ソースが117%と増加をした。

小麦粉価格の高止まりにより米食系の食卓への登場機会が増加

 次に、値上げ局面での主食の動きについて調査を行った。

 小麦粉関連は、昨年後半頃から価格上昇が止まり始め、2023年に入ってからも食パン・小麦粉・スパゲッティなどはほぼ横ばいが続いている。しかし、本格値上げ前と比較すると1~2割程度高いため、同社が提供するキッチンダイアリー調査によると、パン系メニューが食卓へ登場する割合は、本格値上げ前の2021、2022年と連続して落ちていた。

画像を説明するテキストなくても可
データ:キッチンダイアリー 集計期間:2015年度-2022年度(各年度4-3月計)
指標:出現率

 一方、ごはん系のメニューは2022年だけで3.8ポイント増加。キッチンダイアリー調査開始の2015年から6年連続で減り続けていたことから、一連の値上げ局面で主食の動きに変化が出てきたことがわかる。

日用雑貨にも値上げの影響 年明けから紙製品の価格も上昇

 続いて日用雑貨について見ると、2023年に入り紙製品に大きな動きが出てきたことがわかる。

 2022年末まで2020年と比較してもやや安かったティッシュペーパーが113%、トイレットペーパーも急伸して113%になった。生理用品も2023年の3月までの3ヵ月間で9ポイント増の115%と軒並み数字を伸ばしている。

画像を説明するテキストなくても可
データ:SRI+ 集計期間:2022年3月-2023年3月、指標:平均価格・2020年比較
※2020年比110%以上を赤字で表示

 2023年中頃から値上がりを続けてきたアルミホイルは3月には146%にまで到達し、ラッピングフィルムも2022年10月から高くなり2割高あたりを推移している。

 他にも洗濯用洗剤が3月に6ポイント増えて116%になるなど、多くの日用雑貨も値上がりをしていることがわかる。

【関連記事】
約70%が値上げを実感、物価高でも「自分の健康」と「お祝い事」への金額に変化なし【CCCMK調査】
チーターデジタル「2023消費者トレンド インデックス」を発表 8ヵ国を対象に消費の傾向を調査
Criteo、インフレで変化する消費者の最新動向を発表 将来を見越して前倒しで買い物をする行動も
ミンテル、2023年から5年間のグローバルな消費者トレンド5つを発表
7割以上の消費者が「食品」を実店舗で購入、購入までの時間や体験価値が影響【予約ラボ調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/04/26 07:30 https://markezine.jp/article/detail/42075

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング