SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ガソリン価格高騰で、米ガソリン最安値サイトの利用者が急増

 ガソリン価格の高騰は、車社会である米国では一般市民の生活に直結する深刻な問題。米国の平均ガソリン価格は、この数か月の間上昇を続けて最高値を更新しており、人々は少しでも安いガソリンを求めて検索エンジンで情報収集を行っている。

 地域ごとの最安値情報を検索できるGasBuddy.comを4月に訪れた人の多くが、“gas prices(ガソリン価格)”というキーワードで検索している。この月は、約100万人がこのキーーワードで173万回もの検索を行ったという。

青は“ガソリン価格”を含む検索件数、オレンジは平均ガソリン価格を表している

 この検索行動が最も顕著に表れたのが、2007年の10月から11月。上のグラフにあるように平均ガソリン価格は10%という大きな上昇率を示しており、消費者の検索行動も突出している。この恩恵を受けたのがGasBuddy.comで、全検索結果の37%がGasBuddy.comへ流入したという。

 サウジアラビアに続いて、クウェートも増産の方針を発表したが、人々が検索などせずに安心してガソリンを買えるようになるにはまだ時間がかかりそうだ。

【関連記事】
子どもたちが2007年に検索した「人気のことばランキング」
1月の「goo」急上昇キーワード、3位に「冷凍ギョーザ」がランクイン
サブプライムローン問題発覚後の日常生活を、35組の家族がリアルに語るCNNの経済特集

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/06/24 16:24 https://markezine.jp/article/detail/4220

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング