SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

中国ナンバーワンの検索エンジン「百度」日本上陸

 中国語検索エンジン「百度(バイドゥ)」は、12月4日、日本市場への進出を2007年に予定していることを発表した。「百度」は2000年に、米国留学から帰国した李彦宏氏(現・会長兼CEO)が北京に設立したIT企業の雄。

 中国語と日本語、同じ漢字を使ういわば親戚のような言語だが、日本語検索エンジンとして、どれほどの実力ががあるのか疑問を持つ人も多いだろう。それに対して李CEOは、日本語検索技術の開発に6カ月を費やし、強力な日本語検索技術を開発したと述べ、日本市場のへの進出に自信を見せている。

 「百度」が発表した資料によると、「百度」は中国の検索エンジン市場の6割のシェアを持ち(※1)、トラフィックは世界で4番目に多いサイト(※2)で、名実ともに中国語検索エンジンのナンバーワン。日本市場で、どこまでシェアを獲得できるのか注目される。

 ※1:CNNIC(中国ネットワークインフォメーションセンター)調べ。
 ※2:Alexa Web Search調べ。

プレスリリース:Baidu to Enter Japanese Search Market in 2007」

参考サイト:「検索エンジン大手の百度、2007年に日本進出」(中国情報局)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/02/23 22:44 https://markezine.jp/article/detail/427

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング