SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

[12/7]マーケとECの綿密な連携が2024年のキーワード?データ×AI活用など注目事例を紹介

 翔泳社が運営する「ECzine」は、2023年12月7日(木)に「ECzine Day 2023 Winter」を開催する。「2024年のECトレンドを大予測~体験はより没入型に、よりパーソナルに~」をテーマに、OMOやAI活用、サプライチェーン構築といった幅広いトピックスのセッションを無料配信する予定だ。

ECzine Day 2023 Winter

 本イベントの事前視聴申込締切は、12月6日(水)13時まで。気になるセッションは、期日までの視聴申込を忘れないようにしてほしい。今回は、Aトラックのセッション内容を紹介する。

A-1

 コロナ禍前後より、事業の永続性を見据えてEC進出・DX推進を含めたビジネス改革を行う大丸松坂屋百貨店。同社が2023年に開始した新規事業「ラクリッチ」は、百貨店事業で培ったバイヤーの目利き力を「食×サブスク」で現代版にアップデートした新機軸の施策といえよう。どういった形で発想を膨らませていったのか、始動後にすでに見えている成果なども含めて、岡崎氏が共有してくれる予定だ。

A-2

 自分の欲求に合わせて、オンオフ双方のチャネルを活用し、ものを買う人が増えたこの数年。そんな顧客の行動の可視化とファン化を手助けしてくれるのが、自社アプリだ。本セッションでは既に施策に取り組み、成果をあげている事例とともに「これからの時代の自社アプリ活用術」をお伝えする。

A-3

 今やEC購買を喚起するきっかけ作りとして、あらゆる企業が活用しているメールとLINE。それぞれの効果的なアプローチ方法について、あなたは意識できているだろうか。本セッションでは、最新の消費者データから顧客が求める情報伝達方法や、それらを踏まえた最新ノウハウを紹介する。

A-4

 老舗エンタメ企業の松竹が、近年新たな挑戦を進めている。事業をオンラインに拡張する上で注目しているのが、Web3領域だ。本セッションでは、特にデジタルファッション領域にフォーカスし、近年の取り組みとその意図を紹介。新たな施策を進める上で欠かせない視点、「共創」についての示唆を得られるはずだ。

A-6

 ChatGPTの興隆を機に、私たちの業務の身近なところにもAIが浸透している。そのポテンシャルに期待し、積極活用する人、具体的な活用方法がイメージできていない人、漠然とした不安を抱える人、現状は様々だろう。本セッションでは、海外事例を含めた最新事例とともに、AI×ECの可能性を提示する。

A-8

 AI活用は、いまやクリエイティブ領域においても注目されている。オンワード樫山は「any SiS」の商品開発でAIデータを用いた試みを実施した。一体どんなデータをどのように活用したのか、譲れない「人」の判断を活かすポイントなどが垣間見れるセッションとなる予定だ。

 繰り返しになるが、事前申込締切は12月6日(水)13時となっている。1セッションからでも申し込めるほか、事前申込期間中は視聴セッションの追加・変更も可能だ。気になるセッションは、ぜひ早めに申し込んでほしい。詳細は「ECzine Day 2023 Winter」イベントサイトの「タイムテーブル」から見ることができる。

ECzine Day 2023 Winter そのほかのセッションのご紹介

B-1

B-2

B-4

B-5

B-6

B-7

B-8

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/12/04 07:15 https://markezine.jp/article/detail/44295

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング