SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Googleの3D仮想空間サービス「Lively」、続々部屋が増殖中

 7月8日に公開された「Lively」(www.lively.com)はセカンドライフ同様、自分のアバターを作成し、自分の「部屋」を用意してカスタマイズしたり、ほかのユーザーとチャットをして楽しむサービス。ユーザーは自分の部屋だけでなく、ほかのユーザーの部屋やさまざまな空間を訪問することができる。

「人気の部屋」コーナー。Livelyには続々と新しい部屋が作られている

 アバターは、セカンドライフよりも多少デフォルメされており、二頭身の動物キャラなども選ぶことができる。また、カタログから、洋服や靴、インテリアや小物などを選んで自分の部屋やアバターのカスタマイズが可能。これらのオブジェクトは、Googleが選んだベンダーやテスターなどが作成したもので、将来的には、ユーザー自身がこれらのオブジェクトを作成できるようになるという。

 また、Livelyでは、好きな部屋の画面を自分のブログやホームページに埋め込み、いつでもアクセスすることができるのも特徴のひとつとなっている。

【関連記事】
今年の夏、“次世代セカンドライフ”3Dコミュニティサービスは「ゲーム」と「美少女」が激突
はてながセカンドライフ? 3D仮想空間サービスとミニブログを日米同時リリース

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/07/09 17:45 https://markezine.jp/article/detail/4473

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング