SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ニールセン デジタル、有料動画サービスの視聴状況を発表/3割超が見たいコンテンツを探すのに苦労

 ニールセン デジタルは、4月18日、動画コンテンツと動画広告の利用動向調査「ニールセン・ビデオコンテンツアンドアドレポート2024(Nielsen Video Contents & Ads Report 2024)」を発売し、そのレポートを元に有料動画サービスの視聴状況を分析し発表した。

34歳以下の半数以上が有料動画の利用経験あり

 同レポートによると、インターネットの利用者に対して有料動画サービスの利用経験は、35歳以上では30%であるのに対して、34歳以下では52%と半数以上の人が利用していた。

 利用頻度を見ても35歳以上の30%が1日に1回以上利用しているのに対し、34歳以下では40%となり、利用率も利用頻度も若年層ほど高いことがわかる。

3割以上が見たいコンテンツを見つけるのに苦労していると回答

 有料動画サービス利用者のうち見たいコンテンツを探すために苦労している人の割合を調べると、前年比で+4ptの36%の人が見たいコンテンツが見つからず困ることがあると回答。特に、34歳以下ではこの傾向が強く、前年比で9pt増加し38%となった。サービス間での競争が激しくなる中、これまでは各サービスが提供するコンテンツの質や量が注目されていたが、今後はいかに消費者にストレスのない視聴環境を提供できるかが重要な課題になることがわかる。

有料動画で重要視するのは「作品のおすすめ機能」

 最後に、有料動画サービス契約時に重要視する要素で昨年と比べて増加率の高かった要素に着目。34歳以下で最も多かった項目は「おすすめの作品を紹介してくれる機能」で14pt増加、2番目は「コンテンツがダウンロードできること」で9pt増加していた。有料動画サービスの利用率の高い34歳以下では、コンテンツを見つけやすい仕組みやインターネット環境の有無や回線速度に左右されないシームレスな視聴体験を提供することが重要になってくる。

 調査の結果を踏まえて、同社のシニアアナリストであるコヴァリョヴァ・ソフィ氏は、以下のようにコメントしている。

 「特に有料動画サービスの利用率が高い34歳以下の視聴者に豊富にある選択肢の中で自社サービスを選択してもらうためには、消費者が視聴したいコンテンツにたどり着くまでのストレスを防ぎ、興味のあるコンテンツを適時に提供することが一層重要になります。各動画配信サービスを提供する企業は、いつ、だれが、どのように各サービスを視聴しているかを把握し、視聴者のニーズに応えるサービス提供を行うことで競争力を維持していくことが重要になります。」

【関連記事】
ソーシャルメディアの利用頻度、LINEが月平均805回で最多/2位はXの190回に【ニールセン調査】
2023年のインターネットサービス利用、YouTubeの利用時間シェアが約4割/ニールセン調査
有料動画配信サービス、いずれも利用率増加/Amazonプライムは約8割に【フィールドワークスら調査】
10代の7割以上がショート動画を毎日閲覧 1日1時間以上見ているのは4割弱に【LINEリサーチ調査】
ショート動画の利用実態 TikTok利用者の過半数が「ほぼ毎日」視聴【ADK MS調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/04/29 07:30 https://markezine.jp/article/detail/45345

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング