SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ラバブルマーケティンググループ、メタバースとマーケティングを掛け合わせた「メタビズXR」を提供開始

 ラバブルマーケティンググループは、XR技術を使ったメタバース空間を設計し、現実世界とデジタル要素を組み合わせたサービスをABALと共同で企画。「メタビズXR」としてサービス提供を開始した。

 同サービスでは、企業の課題や目的に応じてメタバース空間を構築し、認知から購入に至るまでのマーケティング戦略を設計する。ABALのXR技術を活用し、ユーザーの感覚体験を没入型でインタラクティブなものに拡張することが可能だ。

 具体的には、店舗や施設などのリアル空間の拡張や、スマホを活用したメタバース空間を企画・構築。3Dで商品の魅力を伝えるとともに商談も可能な「XRポップアップストア」や狭いスペースを有効活用できる「XRショールーム」、不動産などの大型商品もオンラインで表現・体験できる「XRプレゼン」、最大で100人同時体験を実現する「XRイベント」などを提供していく。

【関連記事】
Googleアナリティクス4を用いた分析の基本をしっかり学び、実務レベルを上げる
ラバブルマーケティンググループ、「新規事業開発室」を新設 海外事業やWeb3、AI領域の展開を加速
ラバブルマーケティンググループ、新会社設立 地方自治体や中堅・中小企業のSNSマーケティングを支援へ
オカムラ、メタバース用の3Dデータ販売サイトを公開 デジタルインテリアを販売
トランスコスモス、NECの若年層向けキャンペーン「#止まらない日常」をメタバースで支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/05/20 16:45 https://markezine.jp/article/detail/45689

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング