MarkeZine(マーケジン)

記事種別

セカンドライフ、ボイスチャットもできるIMクライアントを発表

2008/09/05 22:10

 セカンドライフに導入されるのは、Vivox社が提供するIMクライアント「SLim」。これによって、友人リストのリアルタイムなステータス情報へのアクセスや、テキストチャットからボイスチャットへのシームレスな移行、オフラインの友人へのボイスメール送信などが可能になる。

 リンデンラボと提携するVivoxのネットワーク上で、セカンドライフが3Dボイスチャットを提供し始めてから、リンデンラボは世界最大のVoIPサービス・プロバイダーとなっており、2007年8月以降、セカンドライフ住人によるログオン時間は85億分以上にのぼっているという。Slimについての詳細は近く発表される予定となっている。

【関連記事】
ひろゆき氏のアイディアから誕生、ニコ動×マイクロソフトの「ニコニコメッセ」「ニコニコアラート」
百度、インスタントメッセージサービス「Baidu Hi」をスタート
美少女と暮らせる3D生活空間「ai sp@ce」βテスター累計6060人募集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5