SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

モバゲー、ついに「健全サイト」として認定

 青少年の保護と健全な育成を目的としたモバイルコンテンツの審査・認定および啓発・教育活動を行う第三者機関であるモバイルコンテンツ審査・運用監視機構(EMA)は、エン・ジャパンが運営する「en高校生」とディー・エヌ・エー(DeNA)が運営する「モバゲータウン」を第2回認定サイトとして発表した。

 先日、携帯各社はEMAが健全サイトに認定した場合、青少年向けのフィルタリングサービスの対象からはずすと発表しており、認定サイトのサービスへの反映は来年1月または2月から行うとしている。

 10代に人気のサイトとして知られるモバゲータウンは、携帯各社が導入した青少年向けのフィルタリングサービスの影響を受けており、モバゲータウンを運営するDeNAはパトロール体制を強化するなどの対策を講じ、フィルタリングサービスの見直しを訴えていた。今回、EMAの認定を受けたことで、子どもたちもフィルタリングサービスを受けながらモバゲータウンを利用することが可能になる。

【関連記事】
モバゲーを運営するDeNAの時価総額は1500億円毀損、携帯フィルタリング導入政策の大きすぎる波紋
DeNA、携帯フィルタリング問題の早期打開と「モバゲー=若者向けサイト」からの脱却をはかる
携帯フィルタリング問題を経てEMAが初の認定サイト発表、認定5サイトに「モバゲー」含まれず
携帯各社、フィルタリングサービスのブラックリストから健全認定サイトをはずすと発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング