SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「女性に売れた通販マーケティング戦略」セミナー開催、EC事業者が採るべき広告戦略とは?

広告とCRMとの融合が必須 エフツーエム「OMMERCE」

 「EC事業における適切な広告戦略とは、なぜワンストップソリューションなのか?」と題したセッションでは、エフツーエム株式会社 代表取締役社長 浅井尚氏が登壇。ネット通販のマーケティング手法に関する分析結果を紹介した。

 冒頭、浅井氏は「ネットビジネスは広告主導型であり、ECにおいても広告をいかに効果的に出すかが避けて通れない問題。しかし現状では、各企業の広告効果測定システムとECシステムは連携されておらず、担当部門もそれぞれ分かれている。そのため、どの媒体から顧客になったのかを把握せずにCRMを行っている。例えば、『10%割引キャンペーン』で顧客になったユーザーに対して、『送料無料キャンペーン』は効果があるのか、といった属性分析が全く実施されていない」とEC運営の問題点を指摘。そのうえで「媒体別など、獲得経路までを含めた顧客分析が今後は必要になってくる」とした。

 ここで、浅井氏はエフツーエムが提供するネット通販システム「OMMERCE」が活用された事例を紹介した。OMMERCEは、プランニング/プロモーション/LPO/DB管理/決済/物流/分析など、ネット通販事業に必要なサービスをワンストップで提供するソリューション。このOMMERCEを利用して某メーカーの化粧品とサプリメントを販売し、分析を行ったところ、次のような興味深い結果がでたという。

 事例では、無料サンプル、有料トライアルキット、本商品購入という3つゴールを設定し、複数の広告・集客手法(SEO、SEM、アフィリエイト、純広告など)についてその効果を測定・分析した。例えば、CVRに関しては、無料サンプルでは純広告が、トライアルキットではSEMが効果が高いという結果がでた。また、ECシステムのデータを統合して算出された、1人あたりの累積売り上げでは、自然検索からの導入、すなわちSEO対策により獲得したユーザーが最も高かったという。

 このように、ワンストップソリューションによって、広告効果測定システムだけ、ECシステムだけではできなかった、総合的な分析が可能になる。「今後はこれらのデータを利用し、認知拡大ならアフェリエイト、累積売り上げを強化したいならSEOといった具合に、全ての顧客ステージ別に適切な手法の選定、顧客のDNAを考慮したマーケティング施策を実施していかなければならない」と浅井氏はワンストップな広告戦略の重要性を強調し、セッションを締めくくった。

 その後のセッションでは、株式会社毎日コミュニケーションズの西氏が女性向け媒体「escala」を中心としたクロスメディアマーケティングの成功事例紹介を、株式会社アテナの笹木氏がダイレクトマーケティングにおける展開事例を紹介し、セミナーは幕を降ろした。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/09/25 09:26 https://markezine.jp/article/detail/5472

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング