SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

目の前が風景が違って見える?マピオンから「レーダー」型iPhoneアプリ登場

 「DGRadar」は、iPhoneとiPod touchの位置情報をもとに得た現在地を中心にし、目的地を座標上に描画し、従来のランドマークを目印としたナビゲーションではなく、「現在地と目的地までの方角・距離」によって目的地までナビゲートする。

現在地と目的地をレーダー座標で表すことで
利用者を目的地まで案内する

 「DGRadar」では、ユーザーが、自由にWeb上の位置情報コンテンツを追加してレーダー表示させることができる。また、多言語対応によって世界中のコンテンツを表示させて楽しむことも可能。

 インターネット地図情報検索サイト「マピオン」を運営するサイバーマップ・ジャパンは今後、今いる地域や利用者の言語環境を判別するローカルサービスや軌跡保存機能、各種データフォーマットへの対応などの機能拡充行うほか、キャンペーンやイベントでのコラボレーションに加え、宝探しや鬼ごっこといったゲーム性の高いコンテンツを企画提供する。

【関連記事】
iPhoneで料理写真もキレイ表示、GPSで現在地近くのお店を表示できる「食べログ」専用アプリ
iPhone用コミックビューア、吹き出しのセリフの多言語対応を実現
iPhoneがノートになる瞬間、手書きメモアプリ「ZeptoPad」リリース
アクセスユーザーの位置特定が市町村まで可能 IPアドレスデータベース「SURFPOINTTM v2.0」が販売開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/10/21 14:00 https://markezine.jp/article/detail/5719

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング