SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「Android Market」公開、売上の7割は開発者、3割はキャリアへ配分

 10月22日にローンチされた「Android Market」(http://www.android.com/market/)のトップページにはショーケースが用意され、50以上のアプリが紹介されている。Andoroid端末の利用者は、ここでアプリケーションをダウンロードしたり、評価やコメントを投稿することが可能になる。

リンクをクリックするとアプリの開発元のページへ飛ぶ

 Android Developers Blogの10月22日のエントリによると、アプリの開発者は10月27日からこのサイトで登録し、アプリケーションをアップロードすることができる。その際、開発者は登録費として25ドルを支払うことになるが、一度登録が承認されればそれ以上の手続きは必要ない。

 また、2009年第1四半期の早い時期に、無償アプリに加えて有料アプリを提供することが可能になる。その際、開発者が売上の70%を、残りはキャリアが受け取ることになる。Googleは一切のマージンを受け取らない方針。

【関連記事】
開発者が収益の8割を得られるBlackBerry用アプリのオンラインストア、来春オープン
T-MobileがAndroid携帯「G1」発表、179ドルで発売
App Store対抗? Android携帯端末向けコンテンツ配信システム「Android Market」構想
「グーグルフォンはまだ?」 iPhone快進撃にGoogle主導のAndroid陣営は? 開発者を巻き込んだ携帯業界の争い 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/10/23 12:37 https://markezine.jp/article/detail/5737

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング