MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ソフトバンク第2Q、モバイル事業は減収減益

2008/10/29 16:50

 ソフトバンクの第2四半期連結売上高は前年同期比2.6%減の1兆3,289億円。営業利益は同7.3%増の1,800億円で半期ベースで最高益を更新。当期純利益は同11.5%減の411億円となった。

 事業セグメント別に見ると、移動体通信事業以外はすべて増益を達成。移動体通信事業の売上高は7,739億円(前年同期比5.0%減)、営業利益は881億円(同6.4%減)となった。

 移動体通信事業の主な事業会社であるソフトバンクモバイルは、携帯の純増契約数で17か月連続業界1位をキープし、アップル社製端末「iPhone 3G」を日本で発売するなど話題を集めたが、携帯電話端末の販売数が前年同期比20%減となり減収。端末買替手数料などが減少したものの、減価償却費の増加などにより営業利益も減益となっている。

【関連記事】
iPhone 3Gが見せた圧倒的な初速、3日で100万台達成
iPhone発売で認知度は74.7%も購入予定・検討は横ばい、BlackBerry認知度は12.8%
iPhone法人導入第1号はべリングポイント、導入台数は1000台

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5