SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Web2.0時代対応「オファー型広告システム」を電通が開発

 電通は、従来の「見せる広告」とは異なる、Web2.0時代にふさわしい「見てもらう・選択される広告」手法のひとつとして「オファー型広告システム」の開発を進めていることを、1月15日に発表した。

 「オファー型広告システム」では、メディアによって広告と同時にその対価(広告オファー)が表示される。対価は生活者個人の嗜好や受け入れ状況によって変動する。従来の広告モデルで映像コンテンツを提供する場合、広告付きの映像を無料で視聴してもらうのが一般的だが、「オファー型広告」の場合、生活者が広告を視聴してポイントを貯め、そのポイントで映像コンテンツを無料視聴するといった展開が可能だ。

 また、検索エンジンで一般化している検索連動型広告は、ユーザーの関心の対象である情報を提供する広告であるのに対し、オファー型広告は、視聴対価と引き換えに負荷を受容した生活者に、興味や関心を醸成するようなリッチな動画コンテンツなどを提供する広告である点が異なっているとしている。

プレスリリース:「WEB2.0時代に対応した『オファー型広告』システムの開発について」 (PDF)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/02/24 00:06 https://markezine.jp/article/detail/604

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング