MarkeZine(マーケジン)

記事種別

Web2.0時代対応「オファー型広告システム」を電通が開発

2007/01/17 00:00

 電通は、従来の「見せる広告」とは異なる、Web2.0時代にふさわしい「見てもらう・選択される広告」手法のひとつとして「オファー型広告システム」の開発を進めていることを、1月15日に発表した。

 「オファー型広告システム」では、メディアによって広告と同時にその対価(広告オファー)が表示される。対価は生活者個人の嗜好や受け入れ状況によって変動する。従来の広告モデルで映像コンテンツを提供する場合、広告付きの映像を無料で視聴してもらうのが一般的だが、「オファー型広告」の場合、生活者が広告を視聴してポイントを貯め、そのポイントで映像コンテンツを無料視聴するといった展開が可能だ。

 また、検索エンジンで一般化している検索連動型広告は、ユーザーの関心の対象である情報を提供する広告であるのに対し、オファー型広告は、視聴対価と引き換えに負荷を受容した生活者に、興味や関心を醸成するようなリッチな動画コンテンツなどを提供する広告である点が異なっているとしている。

プレスリリース:「WEB2.0時代に対応した『オファー型広告』システムの開発について」 (PDF)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5