SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

3Dコンテンツを手軽に設置、カナダからやってきたホスト型3Dソリューション「SceneCasterビジネス」

 今回、日本での提供を開始した「SceneCasterビジネス」は、Web上で3D空間の作成・共有が可能なソーシャルメディア「SceneCaster」のエンジンを一般のWebサイトでも利用できるよう開放したもの。低コストかつ短期間で3Dコンテンツの提供が可能になり、自社サイトで利用した3DコンテンツはSceneCasterの本サイトで利用可能なコンテンツとして登載することもできる。

 3D空間の利用にはプラグインなどのダウンロードは不要で、同時接続人数は無制限。コンテンツには既存の製品CADデータなどをそのまま活用することができる。また、各種SNS、eコマース機能やデータベースとの連係も可能で、アクセス解析データも提供される。

 Second Lifeなどの3D仮想空間サービスによって、3D空間の魅力を認知したネットユーザーは多いはず。明確な目的を持った3D空間をウェブサイトに追加して、そこで新たな情報体験を提供するこのソリューションは、これまでの3D仮想空間サービスへのイメージも変えることになるかもしれない。

【関連記事】
ソニー、PS3ユーザー向け3D仮想空間サービス「Home」を公開
Googleの3D仮想世界サービス「Lively」が年内閉鎖
美少女と暮らせる3D生活空間「ai sp@ce」βテスター累計6060人募集
はてながセカンドライフ? 3D仮想空間サービスとミニブログを日米同時リリース
「2010年以降は仮想世界を『選ぶ』時代に」─野村総研、3D世界の近未来予想図を発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング