SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「2ちゃんねる」職場でも重宝してます!【人気CGMサイトの家庭・職場の使い分け】

 ネットレイティングスは、ニールセン・オンラインのインターネット利用動向調査「NetView」の2008年11月データをまとめた。それによると「Yahoo!知恵袋」や「教えて! goo」などのQ&Aサイトやインターネット百科事典「ウィキペディア」に代表される知識共有系CGMサイトの利用者数は家庭のみの利用に比べて家庭・職場全体のユニークユーザー数が大幅に増加し、職場でも重用されるコンテンツであることが分かった。

CGMの「家庭・職場全体」と「家庭のみ」の利用者数比較 (2008年11月)

 「ウィキペディア」は家庭のみの利用者数と家庭・職場全体のユニークユーザー数を比較すると518万人も利用者数が増加。「Yahoo!知恵袋」、「教えて! goo」、「OKWave」などのQ&Aサイトは増加率28%から44%と軒並み利用者数が増加している。また、ネット掲示板「2ちゃんねる」や各ブログサイトも3割前後の利用者数の増加が見られる。

 一方、「mixi」や動画共有サイト「YouTube」、「ニコニコ動画」の利用者数の上積みは少なく、家庭からの利用が主となっている様子がうかがえる。

CGMの家庭と職場の総利用時間比率 (2008年11月)

 特に「教えて! goo」は職場での総利用時間が全体の56%となっており、家庭からの利用時間よりも長くなっているほか、「2ちゃんねる」も職場での利用時間比率が全体の約3割に達している。一方、人気の動画サイトの職場での利用時間比率は低く、「YouTube」(13%)、「ニコニコ動画」(8%)にとどまっている。

【関連記事】
大企業がアクセスを制限する三大サービス「アダルト系ブログ・2ちゃんねる・mixi」、「しょこたんぶろぐ」も×
月間検索数1億件突破、「2ちゃんねる検索」にキーワード広告「スラアド」が登場
Q&Aサイトは「日本人好みのサービス」、国内No.1の「Yahoo!知恵袋」は1年でPVが約2倍【ネットレイティングス調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング