MarkeZine(マーケジン)

記事種別

Adobe、Flashアプリに配信と課金の手段を提供するモバイル向けランタイムの提供開始

2009/02/17 11:35

 米Adobe Systemsは2月17日、新しいモバイル向け無線配信ランタイムである「Adobe Flash Lite 3.1 Distributable Player」を発表した。この最新版ランタイムによってFlashベースのアプリケーション開発や、OSを搭載した様々な携帯端末にアプリケーションをランタイムインストーラーによって直接配信することができる。

 このランタイムを利用すると、GetJar社、Thumbplay社、Zed社をはじめとする大手アグリゲーターのWebカタログを介して、アプリケーションの配信や課金が可能になるほか、コンテンツクリエイター自ら、既存の配信チャネルを通じてアプリケーションを配信することができるようになる。

 また、Adobe Systemsは同日、携帯電話や携帯端末上でPDFコンテンツや電子書籍の閲覧や管理などを可能にするソフトウェア開発キット「Adobe Reader Mobile SDK」を発表。このSDKは文書をスクリーンサイズに自動的に適用させることができるPDFのリフロー技術を搭載しており、レイアウトの整合性を保ったまま、多様な携帯端末でデジタルコンテンツを楽しむことができる。また、XMLベースのeブックの標準であるEPUBファイルフォーマットもサポートしている。

【関連記事】
「Adobe AIR」のインストール数が1億超、「Adobe Flash Player 10」は記録的なスピードで普及
アドビ、Adobe Flash Platform向けのメッセージングプロトコルを2009年上半期に公開
メディアテクノロジーラボ、「Google Analytics Tracking for Adobe Flash」関連ドキュメントの日本語訳を公開
Google、Flashコンテンツのトラッキングを簡素化する“Google Analytics Tracking For Adobe Flash”発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5