SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

12月はゲーム業界のサイトも大忙し!任天堂とソニーのサイト利用者数調査

 ネット利用動向調査会社のネットレイティングスは、任天堂が「Wii」を発売した2006年12月のWebサイトへのアクセスに関する調査結果を1月24日に発表した。主な調査対象は、任天堂が運営する全ウェブサイトとSCEが運営するscei.co.jpとplaystation.comで、それぞれの非重複利用者数をカウントしている。

 発表された資料によると、Wiiが発売された昨年12月のアクセス数は、任天堂が468万人、ソニー・コンピュータエンタテインメント(以下、SCE)が130万人と3倍以上の開きが出た。任天堂は対前月比で138万人増加と圧倒的な強さを見せている。しかし、ゲーム機個別の専門サイトで見ると、PlayStationの専門サイトの利用者数は128万人で、Wii専門サイトの43万人の3倍近くに達している。人気が持続しているニンテンドーDSの専門サイトは35万人だった。 

 サイト利用者の年齢別構成比を見ると、Wiiは小学生以下の子どもを含む2~10才に、PlayStationは13~15才の中学生に高い支持を得ている。さらに、Wiiでは25~29才と35~39才の若い親の世代の利用が多く、PlayStationは50才以下のすべての年代が平均的に利用している。。

プレスリリース:「任天堂ウェブサイトが大幅に躍進。新型ゲーム機Wiiの発売とニンテンドーDSが貢献、PlayStationも健闘」 (PDF)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/02/24 18:08 https://markezine.jp/article/detail/662

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング