MarkeZine(マーケジン)

記事種別

12月はゲーム業界のサイトも大忙し!任天堂とソニーのサイト利用者数調査

2007/01/29 10:10

 ネット利用動向調査会社のネットレイティングスは、任天堂が「Wii」を発売した2006年12月のWebサイトへのアクセスに関する調査結果を1月24日に発表した。主な調査対象は、任天堂が運営する全ウェブサイトとSCEが運営するscei.co.jpとplaystation.comで、それぞれの非重複利用者数をカウントしている。

 発表された資料によると、Wiiが発売された昨年12月のアクセス数は、任天堂が468万人、ソニー・コンピュータエンタテインメント(以下、SCE)が130万人と3倍以上の開きが出た。任天堂は対前月比で138万人増加と圧倒的な強さを見せている。しかし、ゲーム機個別の専門サイトで見ると、PlayStationの専門サイトの利用者数は128万人で、Wii専門サイトの43万人の3倍近くに達している。人気が持続しているニンテンドーDSの専門サイトは35万人だった。 

 サイト利用者の年齢別構成比を見ると、Wiiは小学生以下の子どもを含む2~10才に、PlayStationは13~15才の中学生に高い支持を得ている。さらに、Wiiでは25~29才と35~39才の若い親の世代の利用が多く、PlayStationは50才以下のすべての年代が平均的に利用している。。

プレスリリース:「任天堂ウェブサイトが大幅に躍進。新型ゲーム機Wiiの発売とニンテンドーDSが貢献、PlayStationも健闘」 (PDF)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5