SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ジブリが新スタジオ「西ジブリ」をトヨタ本社内に設立、そのきっかけとは?

  自動車会社の建物の中でアニメーションを制作するという異色の組み合わせは、2006年にスタジオジブリの鈴木プロデューサーをはじめとするスタッフが、トヨタ本社にあるパーソナルモビリティ「i-REAL」の開発現場に感動したのがきっかけ。

 「i-REAL」は、フロント2輪・リヤ1輪の3輪構成で、走行する1人乗りの乗り物で、近い将来の実用化に向けて開発が行われている製品。コンピュータが並んだクリーンな環境ではなく、意外にも町工場のような開発現場に感銘を受けた鈴木氏が宮崎監督にその様子を伝えると、監督は「そんな環境で新人の育成ができたら」と考えたいう。そして、2007年12月に無理を承知で西ジブリの構想をトヨタに伝えたところ、肯定的な返事を得ることができ、今回のスタジオ開設が実現した。

 新しいスタジオは、愛知県豊田市にあるトヨタ本社内に建物の一部屋を借りるかたちで2年間限定で開設される。スタジオには、新人アニメーターと 指導者的立場のアニメーター約30名が常駐し、アニメーターの育成と三鷹の森ジブリ美術館で上映する短編映画の制作を目指す。

【関連記事】
パナソニックがトヨタF1のスポンサー継続を発表
トヨタが7年連続1位、サイト価値は1422億円
2008年DVD販売数1位は「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」、ネットでの売上が4割

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/03/02 17:48 https://markezine.jp/article/detail/6733

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング