SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「モバゲー」が「アプリ☆ゲット」を抜いてゲームサイト利用度No.1に

 モバイル・マーケティング・データ研究所(MMD研究所)は、アップデイトが2006年に設立した、モバイルに特化したマーケティングリサーチ機関。同研究所は、計6社、モバイル7サイトの協力を得て「携帯ゲームに関する利用動向調査」を実施。その調査結果を、1月29日に発表した。

 本調査は、1月19日~22日に行われ、3,821人(男性:28.4%、女性:71.6%)から有効な回答を得た。調査結果のサマリは、以下のとおり。

 ・携帯ゲームは約95%が利用経験あり、70%以上が「好き」
 ・1日に1回は利用するユーザーが約45%、利用時間は10~30分が最多
 ・“空時間”が利用シーン、7割は自宅でも利用、生活と密着する携帯ゲーム
 ・公式サイトでの利用は87.6%に、1ヶ月以上利用するユーザーは56%超
 ・モバゲータウンがアプリ☆ゲットを抜いてゲームサイト利用度No.1
 ・人気は[パズル][RPG][シミュレーション]。MEGAアプリ・通信対戦は低迷?

 具体的な質問に注目してみよう。「携帯ゲームを探すのによく利用するサイトは?」(複数回答可)という質問では、「モバゲータウン」が50.0%でトップ。続いて「アプリ☆ゲット」(39.9%)、「ゲー選」(5.5%)、「モバイルゲームチャンネル」(4.6%)となっている。

 また、「今後、充実して欲しい携帯電話ゲームはどれですか?」(複数回答可)という質問では、「脳を鍛える系のパズルゲーム」が34.2%でトップ。続いて「ロールプレイングゲーム」(27.6%)、「落ちモノパズルゲーム」(26.5%)。今回の調査では、有効回答数の7割が女性であることもあってか、通信対戦型ゲームの人気がやや低迷しているようだ。

プレスリリース:「携帯ゲームに関する利用動向調査」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/02/24 18:12 https://markezine.jp/article/detail/679

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング