SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

トヨタ、新型プリウスベースのプラグインハイブリッド車を全世界で500台リース

 フランスで行われるプロジェクトで、トヨタはストラスブール市のフリートユーザー(特定地点間を走行するユーザー)に対し、2009年末から3年間に約100台のプラグインハイブリッド車をリースし、フランス電力公社(EDF)はユーザーの自宅や企業の施設、公共駐車場、公道沿いなどに、数百基の充電スタンドを設置する。

 トヨタは、2009年末からはフリートユーザー向けに、新型プリウスをベースにリチウムイオン電池を搭載したプラグインハイブリッド車をグローバルで約500台リースする予定で、このプロジェクトはその一環として実施される。

 プラグインハイブリッド車は、トヨタのハイブリッド技術を応用し、家庭用電源からの充電機能を追加するとともに電池容量を増やした車両で、近距離や市街地では電気自動車として走行し、長距離は通常のハイブリッド車として走行することができる。トヨタは、電気エネルギーを自動車に活用するアプローチとして、プラグインハイブリッド車が現時点で最も現実的であるとしている。

【関連記事】
ジブリが新スタジオ「西ジブリ」をトヨタ本社内に設立、そのきっかけとは?
パナソニックがトヨタF1のスポンサー継続を発表、撤退続くモータースポーツ界に光明
トヨタが7年連続1位、サイト価値は1422億円【Webサイト価値ランキング 2008】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/03/19 12:50 https://markezine.jp/article/detail/6899

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング