SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

PCよりモバイルでネットを長時間使う人が過半数超え、商品購入時に比較するサイト数は「0」が38.6%

 5月に行われた「モバイルのEコマースについての意識調査」では、10代~40代の男女800名から回答を得た。パソコンとモバイルのインターネットでは、どちらを長く使うかをたずねたところ、「パソコン」が全体の49.1%、「モバイル」が50.9%となった。年代が低いほどモバイルメインユーザーが多く、10代では64.5%に達している。

PCとモバイルのインターネットでは、どちらの方が長い時間使うか(単一回答形式)

 モバイルメインユーザーでモバイルEコマースの利用経験がある場合、購入経験が5回以上のユーザーは65.0%なのに対して、パソコンメインユーザーでは43.2%。購入している商品として最も多かったのは、1位「DVDやCD」、2位「書籍」、3位「洋服」、4位は「サプリメントや医薬品」「チケット」となった。

モバイルのインターネットを使って商品を購入した回数
対象者:モバイルでの商品購入経験がある人(単一回答形式)
モバイルのインターネットを使って商品を購入した商品
対象者:モバイルでの商品購入経験がある人(複数回答形式)

 また、モバイルEコマース利用経験者に、利用の際に比較するサイト数を聞いたところ、最も多かったのは「比較しない(0サイト)」で38.6%で、「3つ」(24.0%)、「2つ」(21.3%)が続いており、全体の平均は1.7サイトとなった。

【関連記事】
この1年で増えたのは「モバイルでネットをする時間」、減ったのは「TVゲームをする時間」
モバイル4大メジャーメディアの利用動向定期調査結果をネットエイジアが公開
モバイルでもネット視聴率調査が本格化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/06/10 12:45 https://markezine.jp/article/detail/7515

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング