MarkeZine(マーケジン)

記事種別

松竹とKDDI研究所、映画宣伝支援システムを実験運用

2009/06/17 15:35

 実験運用が始まった映画宣伝支援システムは、「どのようなタイプのユーザがどのような映画に対してどのような印象を持つか」という関係性を定式化した「映画嗜好モデル」をもとにしている。宣伝対象とする映画の情報から、ターゲットユーザごとに「どの要素がユーザの鑑賞意欲を増加させるのか」という訴求ポイントを、効果の重要度に基づいて順位付けすることができる。 

映画宣伝支援システムでの条件設定
予測結果 20代男女

 「映画嗜好モデル」は産総研とKDDI研究所の共同研究成果を応用し、「ベイジアンネット」と呼ばれる確率的手法を用いて、約8万人分の映画アンケート調査データから構築されたもの。このシステムによって、ユーザ属性に応じた訴求ポイントを確率で表現することが可能になるため、統計データに基づいたターゲットに適した効果的なプロモーションの提案につながる。

【関連記事】
邦画5社がアクトビラでVODサービスをスタート
「FLO:Q」が映画会社18社と連携、映画情報をウィジェットに配信
松竹グループが映画資産のネット活用を本格化、「松竹ONLINE」で小津作品や「男はつらいよ」を配信

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5