SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第77号(2022年5月号)
特集「デジタルで進化するテレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

松竹とKDDI研究所、映画宣伝支援システムを実験運用

 実験運用が始まった映画宣伝支援システムは、「どのようなタイプのユーザがどのような映画に対してどのような印象を持つか」という関係性を定式化した「映画嗜好モデル」をもとにしている。宣伝対象とする映画の情報から、ターゲットユーザごとに「どの要素がユーザの鑑賞意欲を増加させるのか」という訴求ポイントを、効果の重要度に基づいて順位付けすることができる。 

映画宣伝支援システムでの条件設定
予測結果 20代男女

 「映画嗜好モデル」は産総研とKDDI研究所の共同研究成果を応用し、「ベイジアンネット」と呼ばれる確率的手法を用いて、約8万人分の映画アンケート調査データから構築されたもの。このシステムによって、ユーザ属性に応じた訴求ポイントを確率で表現することが可能になるため、統計データに基づいたターゲットに適した効果的なプロモーションの提案につながる。

【関連記事】
邦画5社がアクトビラでVODサービスをスタート
「FLO:Q」が映画会社18社と連携、映画情報をウィジェットに配信
松竹グループが映画資産のネット活用を本格化、「松竹ONLINE」で小津作品や「男はつらいよ」を配信

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/06/17 15:35 https://markezine.jp/article/detail/7565

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング