SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

東北新社、3D映画「牙狼<GARO>」を2010年公開

 東北新社が2005年に共同製作し、テレビ東京で放送された特撮ドラマ「牙狼<GARO>」が3D映画「牙狼<GARO>~RED REQUIEM~」として生まれ変わる。

全身を黄金の甲冑で包んだ黄金騎士〈ガロ〉が
人類を襲う魔獣・ホラーを相手に戦うハイパーアクションが3D映画に

  映画「牙狼<GARO>~RED REQUIEM~」は、テレビシリーズに引き続き、雨宮慶太による原作・総監督ですでに7月から撮影を開始しており、オムニバス・ジャパンが開発した3D技術を駆使した迫力あるアクションシーンが最大の見どころとなる。映画は、2010年に公開される。

【関連記事】
キャメロン監督の3D映画「Avatar」で占うデジタルシネマの将来、国内3Dシネマは2018年に全スクリーンの2割に
YouTubeで3Dビデオの公開が可能に
富士フィルム、3Dデジカメ・ビューワー・プリントサービスを8月にスタート

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/07/24 13:55 https://markezine.jp/article/detail/7889

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング