SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

ネット業界職業図鑑

好きが高じて「サンスポコム」のWeb編集者に
楽しみながら模索するネットメディアの可能性とは?

ネット業界の仕事といっても、どんなものなのか、何ができるのか、なかなか外部の人間にはわかりにくいもの。そこで、今をときめく「あの会社」で生き生きと働くキーマンを「職種」にクローズアップしてご紹介いたします。第11回は、株式会社産経デジタルで、スポーツ・芸能ニュースサイト「SANSPO.COM(サンスポコム)」の企画・取材・編集を担当する大矢淳治さん。大きく変化しつつあるネットメディアの世界での奮闘ぶりをうかがいました。【バックナンバーはこちら】  

ミッション:「SANSPO.COM」掲載記事の企画・取材・執筆&編集を担当

 産経新聞社のデジタル事業部門が独立し、国内の主要新聞社では初のデジタル事業専業の子会社となった「株式会社産経デジタル」。産経新聞グループ各媒体のWebサイト運営や、ポータルサイト・モバイル端末へのニュース&コンテンツの配信事業を展開し、ユーザー参加型の情報サイト「イザ!」やマイクロソフトとの連携による「MSN 産経ニュース」、産經新聞のデジタル版配信など、次々と新しい取り組みを進めてきた。

 「サンスポコム」は、そんな同社が部門時代からサンケイスポーツのWebサイトとして10年以上に渡って運営してきた、歴史ある情報サイトだ。大矢さんは入社時から担当として配属され、月間2億PVを誇る人気サイトに育ててきた一人である。しかし、同じ担当ながら、ここ数年で仕事の内容が大きく変わってきたと語る。

 「入社当時は『サンケイスポーツ』の新聞コンテンツをスピーディにWebサイトに反映することが仕事でした。いわば”コーダー”だったんです。しかし、だんだんとネットメディアとしての情報やコンテンツが求められるようになり、近年では企画から取材、執筆・編集までトータルに担当することが多くなりました」

 そうした世の中からのニーズの高まりに応じて、サイト自体も2008年にリニューアルし、いっそうネットメディアとしての独自性を強調しつつある。ニュースや記事の検索性、速報性を高め、ネットだけのオリジナルコンテンツも拡充させた。

 「ネットメディアはやはり『スピードが命』ですから、いかに面白いネタを仕入れてくるかが勝負のしどころです。さらに、スポーツや芸能に関するニュースは短時間でぱっと読めて、肩の凝らないものである必要があります。ですから、仕入れたネタの鮮度を落とさないまま、端的にわかりやすく伝えることを意識しています」

 ニュースのネタとなる情報は、主にネット上を探索して仕入れる。記者会見や取材などもあるが、いまや公式な情報はネット上に掲載されることが増えているという。しかし、同時発信が可能なネットであるだけに、ニュースの鮮度を競い合うメディアサイトにとって差別化が難しいのではないだろうか。

 「いや、これだけ情報があふれていると、やはり差は生じてきますよ。対象をよく知っていると、『もうそろそろ第一子誕生だな』とか、予期して情報を探すことができるようになったり、ネット上でも『あたりをつける』という人間系のスキルが必要なんです。それに速報だけでなく、誰も知らないようなコアな情報を探し出してきて提供することも記者の力量によるでしょう」

 パソコンの前に座っていながらも、情報の大海の中から「魅力あるニュース」を選び出す。そのニュースを配信した直後から、ユーザーから大きな反応が返ってくる瞬間がなんともいえないという。

 「誰も知らないニュースを一番に知って、それを掲載すれば自分が驚いたのと同じように大きなインパクトが返ってくる。まるで水面に石を投げ込んで波紋が広がるようで、わくわくします。ちょっとミーハーなところがあるのかもしれません(笑)」

 しかし、スピードを重視しながらも「情報の正しさ」を担保することは忘れない。公式サイトなどの正当な「ソース」を突き止め、ニュースとして配信すべきか判断することも重要な仕事である。

 「パーソナルメディアとしての側面がクローズアップされがちなネットメディアですが、「サンスポコム」は、報道を担うマスメディアであり、情報の信頼性は欠くことができない要素です。そこが個人のメディアとは大きく違っています。ネット・リアルを問わずソースを見つけ出し、確証を得てから、自分の手でアップするまでの時間をいかに短縮するか、大きな課題です」

 「サンスポコム」では、情報をキャッチするところから、最終的なニュース配信までを6名の「個人」が担う。少人数でどのように業務を遂行しているのだろうか。1日の流れをうかがった。(次ページへ続く)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ネット業界職業図鑑連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

「ネット業界職業図鑑」制作チーム(ネットショクギョウズカンセイサクチーム)

伊藤&五月女の男女ユニットで、ネット業界の様々なプロフェッショナルを紹介します。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/08/17 11:00 https://markezine.jp/article/detail/7959

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング