SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「セカンドライフ」を携帯で楽しむアプリケーションが登場

 2月12日から15日にスペインのバルセロナで開催された、世界最大級の携帯ビジネスのイベント「3GSM World Congress 2007」で、Comverse Technologyが、「セカンドライフ」を携帯から楽しむアプリケーションを発表した。

 セカンドライフでは、「グリッド」と呼ばれる仮想世界にログインして、自分の分身であるアバターが、ほかのアバターと交流したり、ショッピングや探検、島を買って建物を建てるなど、さまざまな活動を行うことができる。今回発表されたのは、Javaベースのネット接続機能を使ってセカンドライフにログインし、携帯の機能に応じて、インスタントメッセージ(IM)や、ショートメッセージサービス(SMS)、画像や音声を添付できるマルチメディアメッセージングサービス(MMS)を使って、アバター同士が情報交換をすることができるアプリケーション。

 また、Comverse Technologyは、インターネットプロトコル方式で映像を配信する「IPTV」を利用して、セカンドライフをテレビで楽しむアプリケーションも同時に発表している。セカンドライフを開発・運営している米リンデン・ラボは、1月にブラウザをオープンソース化しているため、これからもさまざまなサービスやツールが登場しそうだ。

プレスリリース:"Second Life Spills Over into Mobile World"
参考資料:"Comverse demos Second Life on mobile phones" (Reuters)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング