SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第70号(2021年10月号)
特集「データ活用の新常識」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

リサーチデータで読み解く!最新Webマーケティング

「ながら視聴」で男性はパソコンや新聞、女性はテレビや雑誌【リサーチ】

 Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社のメディアインタラクティブと共同で、ワンセグの態度変容に関する調査を行った。【バックナンバー】

調査概要

 前回の調査では、ワンセグの利用頻度やテレビ閲覧との比較、個人の部屋の所有有無による利用率の違いを調査し、その結果、ユーザーが生活シーンによってテレビとワンセグを使い分けていたり、自分の部屋を所有しているユーザー程ワンセグを利用しやすい傾向にあることが分かった。

 今回の調査では、ワンセグの「ながら視聴」やTVとワンセグのCM閲覧レベルの比較、携帯電話のマナーに対する許容範囲を年代別・男女別で用意した。

調査結果サマリー

  • 30%以上のユーザーがワンセグとの「ながら視聴」で、パソコンやテレビを併用している
  • 男性がパソコンや新聞で、女性がテレビや雑誌で「ながら視聴」をしている
  • テレビの方がワンセグよりもCMを見られやすい
  • 友人の許せない行動は、「ゲームをしている」「携帯小説を読んでいる」が半数以上

調査対象

  • 調査対象:10代~50代までワンセグを利用している男女500人
  • 調査期間:2009年6月17日~2009年6月19日
  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 調査機関:メディアインタラクティブ

 調査対象は、10代~50代までのワンセグを利用したことのある男女500人。性別は男性:女性=50%:50%、年代別は10代:20.0%、20代:20.0%、30代:20.0%、40代:20.0%、50代:20.0%となっている

Q1‐1.ワンセグ視聴の際に、同時に「ながら視聴」しているメディア 

 Q1‐1では、ワンセグを視聴している際に同時に「ながら視聴」をしているメディアについて尋ねた。

 すると、「特にない」が44.2%で最も多く、次いで「パソコン」が36.8%、「テレビ」が29.2%という結果になった。パソコンとワンセグを同時に利用しているユーザーが40%近くいることから、今後2つを用いたクロスメディアによってユーザーとのコミュニケーションが活性化するのではないだろうか。

 また、ワンセグとテレビを同時に「ながら視聴」していることから、「2つの見たい番組があった」または「テレビをメインで見ながら、ワンセグはサブとして」というユーザーがいるのではないかと考えられる。

Q1-1ワンセグ視聴の際に、同時に「ながら視聴」しているメディア(全体)

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
Q2.テレビとワンセグの比較によるCMの注目度

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
リサーチデータで読み解く!最新Webマーケティング連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

株式会社セプテーニ(カブシキカイシャセプテーニ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/09/26 11:00 https://markezine.jp/article/detail/8305

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング