SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ドコモの次はiPhone?携帯を内線代わりに使えるソリューションをシスコが提供

 米シスコ・システムズ(以下 シスコ)は3月2日、社内の無線LANにNTTドコモのビジネスケータイでアクセスすることによって、携帯をIP電話として利用できるソリューションの日本国内での提供を発表した。

 NTT ドコモのFOMA/無線LANデュアル携帯電話「N902iL」と、シスコの「Cisco Unified Communications」製品ファミリを組み合わせたこのサービス、携帯から社内の無線LANに接続することによって、卓上のIP電話と同じように発着信や保留、転送などが可能になるため、携帯電話を内線代わりにして呼び出すこともできる。NTTドコモは2004年から、ビジネスケータイを使った法人向けのIP内線システム「PASSAGE DUPLE」を展開し、導入実績はすでに全国で約500社を超えている。シスコにとっては、SIPインターフェイスを使用したデュアルモード携帯と同社のネットワーク製品を組み合わせた初のソリューションとなる。

 シスコはKDDIとも共同で実験を行い、携帯を使った法人向けの統合ソリューション開発に積極的。先日「iPhone」の商標権侵害訴訟でアップルとの和解を発表したとき、シスコの企業向けサービスと、アップルの個人向けサービスの相互運用の摸索をかかげていたが、アップルの新型携帯「iPhone」が発売されたら、どんな新しいソリューションが登場するのだろうか。

プレスリリース:「シスコ、FOMAR/無線LANデュアル携帯電話 N902iLを組み合わせたデュアルモード IP テレフォニー ソリューションを提供開始」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/02/24 19:15 https://markezine.jp/article/detail/843

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング