SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

話題のサービスを詳細解説

【ペルソナ設定の新潮流】サイトの要件にあわせたサービス選定を

 はじめまして。ロフトワークの滝澤と申します。「ペルソナ/シナリオ法」を用いたサイト制作が一般的となりましたが「コストが高い」という声をよく聞きます。そこで、このコラムではWebサイト利用調査を活かしてペルソナを設定するサービス「ペルソナ・アイ」を紹介していきます。

クライアントと制作会社間でよくある会話

 普段サイト制作の現場に携わっていると、こんな光景をよく目にします。

クライアント:わたしたちのサービスは年輩から若者まで、広い層をターゲットにしています。だからサイトもいろんな 人たちに見てほしいんです。  
制作会社
:なるほど。ではその中でも、特にメインとするターゲットはどんな人たちですか?  
クライアント
:ターゲットは特定しません。今は年輩の人が多いのでその人たちもターゲットですし、若い人たちにももっと自社のサービスを知ってほしいと思っています。  
制作会社
:なるほど…

 制作に携わる身として、クライアントの「自社のサービスを広い層に訴求したい」という思いも非常によくわかりますが、一方で全方位型のサイト、サービスほど結局どのターゲットにも届きにくいという現実もあります。

 また、ターゲットのユーザー像が明確でないと、そのサイトのユーザビリティにも影響が出てきてしまいます。近年「ユーザー指向」「ユーザーオリエンテッド」という言葉をWeb制作の現場で耳にするのも珍しいことではないですが、それがWebの制作において具体的にどのようなことを指すのかについては、まだそのレベル感はまちまちというのが現状ではないでしょうか。

ペルソナ/シナリオ法とは?

 一般的に「ユーザビリティ」と言われている観点はユーザーの使いやすさを計るための指標ですが、個々のサイトにとっては、ターゲットとする人物像によってどの程度それを実現すべきかが変わってくるはずです。

 例えば極端な例では、ユーザビリティの指標としてよく挙げられる「ページ内の文章のわかりやすさ」について。携帯電話の新製品の紹介ページにおいて、その携帯電話が高齢者をターゲットにしているのであれば、説明文にはなるべくカタカナ語を使用しないなどという配慮をする必要がありますが、20代をターゲットにしているのであれば、逆にカタカナ語を多用した方が効果的な場合もあります。

 このように、設定するユーザー像によって、デザインだけでなく、ページ構成、文章、画像にいたるまで、制作するWebサイトは影響を受けてしまいます。しかし、では実際にターゲットとするユーザー像を設定しようとしても、効果的に設定するのはなかなか簡単ではありません。

 そこで登場するのが、ユーザー像を明確にし(=ペルソナ設定)、そこからWebサイトに必要な要件・機能などを洗い出していく「ペルソナ/シナリオ法」という手法なのです。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
一般的なペルソナ設定の流れ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
話題のサービスを詳細解説連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

滝澤 耕平(タキザワ コウヘイ)

株式会社ロフトワーク チーフディレクター。大学卒業後、大手出版社を経て2007年にロフトワーク入社。主に中規模から大規模のCMSサイトの構築や、NECのビジネスパーソン向けポータルである Wisdomの記事の運用を担当。さらにアバターや、mixi年賀状などのコンテンツも担当するなど幅広いジャンルのク...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/10/06 11:00 https://markezine.jp/article/detail/8492

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング