SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

話題の書籍を紹介!

年間解析12億ページビュー以上!
「日本一のログ読み男」のワザが詰まった一冊が発売


 「日本一のログ読み男」がパワーアップして帰ってきた! 年間解析12億ページビュー以上の解析実績から生まれたワザが満載!の『新版 アクセス解析の教科書』が2009年10月15日に発売となります。この記事では本書の第3章12節「メルマガでリピーターを呼び込むには?」を特別に転載していきます(本書の詳細はこちらからどうぞ)。

顧客を集める最良の方法

 Webサイトのプロモーションとして、効果の高いのがメールニュース(メルマガ)です。メールマガジン発行システムを使えば、誰でも明日からメールニュースを発行することができ、いつでもその読者に対して新しい情報を発信することができます。気まぐれなWebサイト来訪者に比べれば、みずから情報が欲しいと登録している人ですから、積極性は高く、顧客となる確率の高い人々と考えることができます。

 インターネットの世界は、全国に散らばっている「顧客」を、距離を超えて集め、何度も来訪させることのできる世界。ただWebサイトを持っているだけなら、お客がいつどこから来るかわかりませんが、メールニュースなら、全国からある分野のファンだけを集めておくことができます。

 いわゆるメールマガジンは一般顧客向けの仕組みのように見えますが、B to Bサイトにとっても、メールニュースは非常に有利なものです。例えば、

  • 「人気フードメニューの仕掛け人が語る 週刊食材&メニュートレンド」
  • 「社員教育プロフェッショナル育成講座」

 などなど、専門家向けに絞り込んだテーマで展開すれば、そこに登録する人は専門家の割合が高いと言えるでしょう。たとえ1,000人でも、関心の高い人ばかり集まっているとなると、その価値は高いものとなります。

効果の高いメールニュースを発信する

 メールニュースを発信すると、反応はすぐに現れます。逆にニュースの効果は長続きしません。ログで見てみると、ニュースを発信して3日ぐらいで急速にWebサイトへの来訪が減り、4日目にはほとんどゼロになります。メールニュースは最低でも毎週1回以上発行する必要があると言えそうです。

 メールからWebサイトへ来訪者を集める仕組みは簡単で、メール本文にリンクしたいページのURLを書いておけば、メールソフトの機能でそれがリンク状態となり、読者はクリックするだけでこちらの指定したWebサイトに移動することができるのです。

 実際、毎日何十万部もメールを発信し、それだけでたくさんの来訪者をショッピングページに招き、売上を確保しているサイトがあるのです。10,000人のメールアドレスに月4回、セールなどの魅力的なメールを送り、10%ずつの読者がサイトに来たとすると、4,000人。その5%が購入に至ったとすると200人。平均客単価が5,000円なら、月の売上は1,000,000円に達します。こうした方法を採らないサイトがあるのが不思議なぐらいです。徹底的にメールの書き方を勉強して、効果的なメッセージと、効果的な価格戦略を盛り込んでください。

 もちろん10,000人のメールアドレスは自前で集め、セール情報を送っても良い、という許可をとっておかなければなりません。

 例えば、毎月プレゼントを行ない、3,000人ずつメールアドレスを取得し、800人ずつが許可を与えてくれれば、1年間で10,000人に達するでしょう。プレゼント応募者や実際の購入者などのアドレス、普通にメールマガジンを読みに集まる読者のアドレスなどで構成していきます。メールマガジンそのものの運営やアドレスの集め方については多数の専門書がありますから、参照してください。

アクセス解析でわかる、効果が高いメッセージとは?

 大切なことは、ここでもアクセス解析で効果を見ながら、より効果の高い方法を選んでいくことです。

 例えば、これまでの解析から、メール本文の100行目以降に書かれたリンクはほとんどクリックされないことがわかっています。できるだけ上の方にリンクが掲載されている方が良く、同じリンクが記事の上下にあった方がクリックされやすいこともわかっています

 調べておきたいのは、メッセージの内容とクリック率の関係です。同じ商品でも、読者(顧客)の性質により、「安い」と書いたほうが売れるのか、「限定」が良いか、もしかすると「高機能」と書いたほうが売れるかもしれません。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
ログにメールからのアクセスを記録するには

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
話題の書籍を紹介!連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

石井 研二(イシイケンジ)

株式会社HARMONY、専務取締役兼COO。61年、神戸生まれ。雑誌編集、通販カタログ企画を経て、95年からWebプロデューサー。当初からアクセス解析を行ない、多くの企業ホームページを成功に導く。02年から独自のアクセス解析サービス「サイトグラム」を展開、年間12億ページビュー以上を解析し、アドバイスを行なう「日本一のログ読み男」として知られる。08年から株式会社HARMONYで、サイト集客や改...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/10/07 13:21 https://markezine.jp/article/detail/8536

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング