SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

家電芸人TKO木本の「Mac芸人ライフ」

Mac芸人TKO木本が着信音作りに挑戦(2)
GarageBandなら、たった1時間でできちゃいました


 「アメトーーク!」の「家電芸人」から派生して、Mac芸人を宣言したTKOの木本さん。オリジナルの「出囃子」を作るべく、GarageBandで奮闘!編集部の 「1時間以内に1曲作れ」という無茶ぶりに、見事応えてくれました。完成品は本記事の最後でダウンロードしてみてください。【バックナンバーはこちら】

"ドラマー木本”によるパーカッションの音入れに挑戦!

 Mac芸人・TKO木本さんは、「アメトーーク!」でiPod Touchのドラム担当だっただけに、やっぱり「出囃子」のパーカッションは自分の手で入れたい!と主張。そこで登場したのは、打ち込み用のキーボード。弾いたものがそのまま、指定した楽器のデジタル音声になるというものだ。GarageBandには、画面に表示されるタイプのキーボードも用意されているが、やはりリアルキーボードは使いやすく、楽しい。

 しかし木本さん、「では、さっそく」と叩きはじめたものの、耳で聞く分には遜色ないのに、GarageBandの画面上で、データとしてみると、ズレがあることがわかる。メトロノームを設定して再度挑戦するが、それでもやっぱり、ところどころ速くなったり、遅くなったり。

キーボードでバスドラムとスネアドラム、ハイハットのリズムを刻んでいくTKO木本さん

 「うーん、やっぱりデジタルにするとずれがかなり目立ちますね」と不満顔。「大丈夫ですよ」とトレーナーが入力したドラム音声部分をクリックすると、オルゴールシートのような「ピアノロール」が拡大された。

 実はこれが音声の調整方法の1つ。ある音をクリックして長くしたり身近くしたり、ほかの場所に移動したりといった補正基準が自動的に行えるほか、正確に叩いた部分をコピーして全体化することもできる。

 「すごいですね~。このパーカッションの音声はGarageBand側に入っているんですよね。昔は専用の音源CDを購入してたんだけどな。それにこの修正機能、便利ですね。音入れを気楽に行って、後で間違ったところは修正する、ということができるわけなんですね。じゃ、次はハイハットを入れたいんですけど」

 創作意欲がますます湧いてきた木本さん。パーカッションの場合、同じ音が繰り返されるので、ハイハットを入れる前に、あらかじめ「音を統合する」を設定しておくとよいという。先ほど入れたドラムの音にハイハットが重なり、一括ですべての繰り返し部分に反映される。

 「おお~~! オッケー! 簡単じゃないですか。頭だけちょっと入っていないのは、さっきの要領で1音入れればいいわけですよね。…よし、これで完璧!」

 ベースとなるパーカッションは木本さんオリジナル。フレーズの部分は、多数用意されているメニューの中から好みの音色のものを選ぶことにする。

ジャンルや楽器名をキーワードに、目的にあったフレーズを選択できる Apple Loop

 「『Apple Loop』というものなのですが、とにかく数が多いので、キーワードを使うと便利ですよ」というトレーナーのアドバイスで、いろいろなキーワードからフレーズを選び、端から聞いては比べていく。

 さらにトラックに落とし込んでテンポを合わせたり、全体の長さをそろえたり。すべての関係する音源が、自動的に連動して変更できる。そうこうしているうちに、電子ギターをかき鳴らす勢いのあるフレーズに決定!

 「うーん、満足です!」(次ページへ続く)

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
木本さん生声の“のりのりラップ”は、エフェクターで1人2役に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
家電芸人TKO木本の「Mac芸人ライフ」連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/11/27 16:15 https://markezine.jp/article/detail/8618

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング