SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Twitterつながりの友だちのブログが簡単に見つかる、Googleのソーシャル・サーチ

 ソーシャル・サーチは、検索結果のパーソナライズをさらに進めるもので、「New York」というキーワードで検索したときに、検索結果ページに”Results from people in your social circle for New York”という見出しが表示され、その下にニューヨークに関連した友人のブログ記事などが表示される。この見出しをクリックすると、ソーシャル・サーチだけの検索結果ページへ移行する。

 ソーシャル・サーチでは、GoogleプロフィールにTwitterやFriendFeedなど、利用しているサービスを登録すると、そのサービスでのつながりを利用して、検索対象とする。これはGmailなどのGoogleサービスを利用している場合も同様で、連絡先に登録されている家族や友人なども検索対象となる。検索結果には、ユーザーごとにTwitterつながりなのか、FriendFeedつながりなのかが表示され、表示したくない人は対象からはずすよう設定することもできる。そのため、ソーシャル・サーチを利用するにはGoogleアカウントへのログインが必要になる。

【関連記事】
気になる相手を登録してマイミクの輪を広げるmixiの「myリスト」
ソーシャルグラフを利用して独自アプリがつくれる「mixiアプリ」
マイミクが増えすぎて日記が書きづらい人のために「仲良しマイミク」機能

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/10/27 13:30 https://markezine.jp/article/detail/8698

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング