SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

企業内でTwitterやFacebookのような機能が利用できる
コラボツール「Salesforce Chatter」

  「Salesforce Chatter」は、従業員のプロフィールや現在のステータスを共有し、フィードやグループ機能、ソーシャルアプリとしての機能も提供する。つまり、Facebookのように同僚についての情報を共有したり、Twitterのようにつぶやくことで仕事のアドバイスを求めたり、ビジネス文書を更新したら会社全体に通知することもできる。

 実際、Salesforce Chatterは、Twitterの投稿のうち必要なものだけをリアルタイムで取り込んだり、Facebookのプロフィール情報をインポートすることも可能になっている。また、iPhoneやBlackBerryなどのスマートフォンでも利用することができる。

 Salesforce Chatterはまた、エンタープライズソーシャルコンピューティングプラットフォームとして、企業内で利用できるさまざまなソーシャルアプリを開発し、Google、Twitter、Facebookと連携させることもできる。

 Salesforce Chatterは2010年から利用可能となり、Salesforce CRMとForce.comの有料版に含まれるほか、Chatter、Content、Force.comを利用できる新しいChatterエディションは、1ユーザーあたり月50ドルで提供される。

【関連記事】
Twitterにリスト機能、情報整理に活用も
デジタル名刺「WhiteCard」、スマートフォンの普及で広がる可能性
Facebookの「人口」は1億5000万人

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/11/20 10:10 https://markezine.jp/article/detail/8892

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング