SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

タイガー・ウッズのブランド評価、ソーシャルメディアでのイメージは一変

 ニールセンは今回、英語(米国)で書かれたプロゴルファーのタイガー・ウッズ選手に関する記事6万サンプルをソーシャルメディアモニタリングサービスを使って分析した。

ブランドアソシエーションマップによる騒動の前後でのブランド評価の違い
中心の言葉に近いほど、タイガーウッズと関連性の深い言葉になる

 その結果、アクシデント前は、本業であるゴルフや、ゲームに関する言葉、「Great」「Good」「Best」などの称賛の言葉が語られることが多かったウッズ選手だが、アクシデント後は、「mistress(愛人)」「affair(情事)」などの言葉が大量にひもづけられていることがわかった。

 あっという間に広がったスキャンダル報道に、選手としても広告塔としてもダメージを受けたウッズ選手は、無期限のツアー欠場を発表した。彼のイメージにひもづけられる言葉が今後どのように変化していくのか注目される。

【関連記事】
「総理大臣になってほしいアスリート」1位はイチロー
NTTドコモ、プロゴルファー石川遼とスポンサー契約を締結
「好感が持てるアスリート」1位はソフトボールの「上野由岐子」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング