SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

エコカーになってほしい車の1位は、ホンダの「ステップワゴン」

 ソニー損害保険は、月1回以上自動車を運転し、環境にやさしくムダのない運転「エコドライブ」実践している18~59歳の男女に対し、4月に調査を行い、1000名の有効回答を得た。エコドライブを始めたきっかけで、最も多かったのは「ガソリンの高騰」で、「安全運転への意識から」という回答が続いている。また、エコカーに興味を持つ人は年代が低くなるほど高くなっている。

 エコドライブをサポートするためにほしいシステムや装備の1位は「自動的にアイドリングストップしてくれる」で、以下、「エンジン回転数を一定に保ってくれる」、「エンジンブレーキを最適に制御してくれる」、「エンジン制御でふんわりアクセルができる」、「タイヤ空気圧を監視してくれる」が続いた。

 また、ハイブリッドカーや電気自動車などの「エコカー」になってほしいと思う車についてたずねたところ、1位「ステップワゴン」(ホンダ)、2位「ワゴンR」(スズキ)、3位「BMW」、4位「セレナ」(日産)、5位「オデッセイ」(ホンダ)となり、上位5車種のうち3車種がミニバンとなった。

【関連記事】
ホンダ、インサイトで環境にやさしい運転技術を競う「エコグランプリ」開催
iPhoneでクルマの開錠・施錠ができるアプリが登場
クルマ・旅行だけでなく、若年層の「酒離れ」が進行

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング